米国ドラマ「24」日本版リメークの制作が決定! 2020年度にテレ朝で放送

米国ドラマ「24」の主人公ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)
KADOKAWA

【写真を見る】日本初の女性総理が誕生するまでの“24時間”を描写!

テレビ朝日では、開局60周年記念番組として米国ドラマ「24」の日本版リメーク「24 Japan」を制作することが決定。2020年度に放送されることが分かった。

日本初のリアルタイムサスペンス

アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた「24」(邦題:「24-TWENTY FOUR-」)は、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描くという革新的なスタイルと、スピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒。

世界的大ヒットシリーズとなり、日本でも最も有名なアメリカのテレビドラマシリーズの1つとなった。

【写真を見る】日本初の女性総理が誕生するまでの“24時間”を描写!
KADOKAWA

テレビ朝日と20世紀FOXが組んで制作される「24 Japan」では、24時間の出来事をリアルタイムで描くフォーマットはそのままに、随所にアレンジを追加。

国際ネットワークやコンピューターの進歩、防犯システムの発展、国際情勢の激変など、オリジナル版の放送が始まった2001年から様変わりした“2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も盛り込みながら、手に汗握る“日本初のリアルタイムサスペンス”を描く。

2020年の最新テクノロジーと世界情勢を盛り込みながら、日本初のリアルタイムサスペンスが誕生!
KADOKAWA

日本版ならではのリアルな世界観

オリジナル版のシーズン1では、のちにバラク・オバマ大統領の就任で現実となった“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写し、大きな話題を呼んだ。

そこで日本版では、テロのターゲットを女性総理大臣候補に変更し、日本初の女性総理が誕生するまでの24時間を克明につづっていく。

また、日本版ジャック・バウアーの過去の任務は“海外での邦人人質救出”と“テロ用の化学兵器工場の爆破”に変更。日本の制度や文化に基づいて設定を適宜更新し、日本版ならではのリアルな世界観を構築していく。

なお、本作はインターネットテレビ局「AbemaTV」や動画配信サービス「ビデオパス」とも連携し、多角的なプロジェクトが展開される。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理