<いだてん>満島真之介、裸で応援!熱血集団「天狗倶楽部」の撮影は『とてつもなく楽しい!』

飲んで、動いて、また飲んで!暑苦しさ全開の天狗倶楽部の面々
(C)NHK

1月6日にスタートした大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)で、「天狗倶楽部」が気になった人は多いのではないだろうか?

【写真を見る】満島真之介、“ヤジ将軍”と呼ばれた名物男・吉岡信敬役は「ハマり役!」

1912年に日本が初めて参加したオリンピックに出場した金栗四三(中村勘九郎)、1964年の東京オリンピックを成功に導いた田畑政治(阿部サダヲ)という2人の主人公を通し、日本とオリンピックの歴史を描く本作。

時代も場所も移り変わる“壮大なプロローグ”のような構成になっていた初回放送には、数多くのキャラクターが登場。しかしその中でも、野球ボールを追いかけてガーデンパーティーに乱入し、大きな掛け声と共に踊りを披露するなど、ひときわ異彩を放ったのが、三島弥彦(生田斗真)らが所属する「天狗倶楽部」の面々だ。

“濃いキャラクター”ゆえに、一見すると「本当にいたの?」と思ってしまうが、作家の押川春浪が中心となり結成された日本最初のスポーツ同好会「天狗倶楽部」は、実在した団体。そんな「天狗倶楽部」に所属する吉岡信敬を演じる満島真之介と、中沢臨川を演じる近藤公園、そして押川を演じる武井壮が鼎談(ていだん)し、役柄について語った。

――演じる役柄を聞いたときには、どのように思いましたか?

満島:「天狗倶楽部」の中でも、応援というものがまだ日本に浸透していない時代に、全国のあらゆる大会で応援をして回った“ヤジ将軍”と呼ばれた名物男・吉岡は、生涯で一番ハマり役かもしれないと思っております。

「エネルギッシュに演じたい」と考えていたら、「天狗倶楽部」にはこの二人の先輩たちもいるので、「大丈夫!」と思いました。

武井:どう大丈夫か分からないですけど(笑)。

満島:体でぶつかっても、芝居でぶつかっても受け止めてくれるじゃないですか。

武井:(笑)。そうですね。僕も「天狗倶楽部」での撮影は、「大河でこんなに楽しんでいいの?」と思ってしまうくらいに楽しんでおります。

近藤:僕は、同じ「大人計画」に所属している宮藤(官九郎)さん脚本のドラマに出させてもらうのも、大河ドラマも初めてなので、出演が決まったときにはダブルで念願叶ったなとうれしかったです。

しかも、この「天狗倶楽部」の一員という自由度が高くてはっちゃけている役柄で演じさせていただけて、僕も本当に楽しいです。

遊びの多い脚本の中でも、「天狗倶楽部」が出てきたときは、“グルーヴ感”みたいなものがあると思うんです。その“うねり”で、物語を動かしていくような役柄なのかなと思っています。

――武井さんは、陸上のアスリートとしても活躍されていますが、本作への出演が決まったときにはどのように感じたんでしょうか。

武井:アスリートとして10代から活動してきて、39歳で芸能界デビューをしたのは、自分の名前を多くの人に知っていただくことで、スポーツをより広い人たちに楽しい形でお届けできたらと思ったからだったんです。

だから、2020年の東京オリンピックの前年の大河ドラマに、しかも題材は“オリンピック”という最高のドラマに呼んでいただけて、至極光栄なことだと思いました。

僕は俳優業をやっていたわけではなかったので、日本最初のスポーツ同好会のリーダー・押川春浪という、こんなにいい役をいただけるとも思っていなくて、収録のたびに本当に運命的だと感動しています。

脚本を読んだ瞬間に、「本当にこの役を俺がやっていいのか?」と思うほどに喜びがありました。

近藤:本当に押川がしゃべってるみたいですね(笑)。

満島:そのまんま演じて大丈夫だと思いますよ! 押川が、作家さんっていうのもまた面白いですよね。

武井:押川春浪は、文化とスポーツを両方愛していた人物ですからね。武井壮を半分出しながらも、押川春浪を憑依させて演じさせていただいているような感覚です。

吉岡という役に、次の世代を盛り上げ鼓舞する使命を託されている気がする

――役作りをする上で、資料などで人物について調べられたと思うんですが、どのような人物だと思いましたか?

満島:今の時代、元気がある人って“変な人”扱いで、あまり歓迎されない感はありますが、空気を読み過ぎて萎縮してしまうことはよくないと思うんです。僕は吉岡という役に、次の世代を盛り上げ鼓舞する使命を託されている気がするんです。

平成元年生まれの若者として、先輩たちから次の時代を僕らが託された時に、日本を暗い国にしてはいけないという思いがすごく強いんです。

「いだてん」と言うドラマから、僕たちが演じる天狗倶楽部から、日本全国に生きる歓びとエネルギーを伝えていけたら、日本も元気になるのではと思っています。

そんな、壮大な自分の人生プロジェクトを思い描いているので、力の限り演じていきたいです! 僕はもう止まりませんよ!

近藤:“吉岡天狗”は、フリーの演技をするってなった時、アントニオ猪木さんみたいな口調になりがちですよね(笑)。“猪木イズム”に通じる部分があるのかもしれないですね。

武井:“吉岡天狗”は自由過ぎて、我々が困らされています(笑)。

――天狗倶楽部の面々は、上裸になるシーンも多いですが、体作りはどのようにされているんでしょうか?

武井:楽屋でみんなで会った時に、裸を見合うんです。その時に「斗真(筋トレ)やった?」とか聞いたりしてます。斗真は、初日にみんなの体を見て(筋肉が)足りないって思ったらしくて、ちょっとずつ仕上がりが良くなってるんですよ。

それこそ、実際に昔の天狗倶楽部の方々の裸の写真とか、すごい体してるんですよね。

満島:当時の方々って、道具を使って鍛えているとかではないく、生活に必要な動作で筋肉がついているんですよね。だから、今の時代の人々に近いシックスパックのきれいな体作りを目指すのではなく、肉もあるけど、動けて、走れて、飛べて、ぶつかれて、自然な健康体を作るのがいいのかなと思っています。僕たちが演じているのは選手ではないですし。

近藤:僕はちょっと体を絞りましたね。ご本人の写真を見たり、仕上がってる武井さんの体を見て、「あ、ヤバい…」と思ったんです。

武井:ずいぶん見てきましたよね(笑)。我々の肉体はどう評価されるんですかね。

満島:裸って気持ちいいですよね。

武井:だよね。僕は普段からほぼ裸みたいなもんですけど。わちゃわちゃぶつかり合えるのが気持ちいいんです。

満島:この間、斗真さんと武井さんと焼肉行った時、三人とも「白飯大盛で!」と、食べまくりました。今の時代、炭水化物抜く人も多いので、周りの人はびっくりしたでしょうね(笑)。

武井:天狗倶楽部を演じていると、「炭水化物抜いてんじゃねぇ。増しとけ」っていうエネルギーが湧くんです。

今って削ぎ落としていくことに美徳を感じる風潮もありますけど、やっぱりしっかりとエネルギーを取って、動いて、経験することが財産だと思うんです。だから、ぜひ皆さんにもそんな“炭水化物増し”のエネルギーを感じ取っていただきたい!(笑)

近藤:いいメッセージですね。

こんなに楽しいことがあっていいのかってくらい、毎日楽しい

――皆さんの仲の良さがとても伝わってきますが、撮影現場はどんな雰囲気なんでしょうか?

武井:天狗倶楽部はみんな仲が良くて、収録後に弥彦役の斗真くんも一緒にご飯食べに行ったり、オフも部活みたいな感じで、非常にいい空気で撮影させていただいてます。収録もずっと楽しいよね?

満島:こんなに楽しいことがあっていいのかってくらい、毎日楽しいですよ。

武井:役所広司さんや竹野内豊さんみたいな、ごっついメンバーがいる現場なので、最初は結構プレッシャーを感じていたんです。

キャスティングだけで見たら、スーツ着て撮影に着たほうがいいのかなと思ったくらいだったんですけど、現場入ってみたら、今までで一番楽しいっていう。

満島:めちゃくちゃ楽しい。こんなにやっていいのかって思うくらい振り切ってますからね。

武井:役所さんは、僕らがはちゃめちゃにやっていても、それを演技で受け止めてくれるんです。僕らの大はしゃぎに乗っかってくれたりもするんです。

近藤:役所さん、長ぜりふのシーンの撮影が終わった後に「いいな、天狗は気楽で」ってつぶやいてましたよ(笑)。

満島:今日の撮影とか、途中で笑い止まらなくなっちゃいましたもん。

武井:役所さんとのシーンでね。僕もツボに入っちゃって、20分くらい笑いをこらえてました。

近藤:いや、良いと思います。考えるより先に体が動いちゃっていたのが、“ヤジ将軍”って呼ばれてた吉岡天狗らしいですよ。

満島:皆さんが反応してくれるから、楽しくなっちゃうんです。

――本当に楽しく撮影されているんですね。天狗倶楽部を演じる皆さんから、視聴者に向けて伝えたいメッセージはありますか?

近藤:「いだてん」は、オリンピックやスポーツに興味がない人が見ても楽しめる作品になっていると思うので、気楽に見てほしいなと思います。

武井:天狗倶楽部は、時代の波を作る原動力みたいな人たちだったと思うんです。エネルギーのうねりみないたなものを我々の登場で感じていただきたいですね。これを見た誰かが、現代にも「天狗倶楽部」みたいなものを作ってくれたらうれしいです。

満島:天狗倶楽部が出てきたことで、現代の人々が忘れていた感覚を取り戻したり、見えてくるものがあると思います…ただ騒いでるわけではないです。

武井:やりたいことが見つからないっていう若者には、より見てほしいですよね。天狗倶楽部は、それぞれがやりたいものを持ち寄って、みんなでぶつかって行くエネルギーがあるから、今の人たちも、そうやってみんなで繋がって、楽しんで生きていく力を手に入れてほしいです。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理