男性の血液型別・彼女ができない理由はこれ!?

あいついいヤツなんだけど、モテないよねぇ……そういう男子があなたの周りにひとりはいるはず。

どうして彼女ができないのか、そこには必ず理由があります。大きなお世話と思いながらも、ちょっとチェックしてみてはどうでしょう。

そこで今回は、男性の血液型から「彼女ができない理由」についてご紹介いたします。

彼女ができなり理由

A型男子の彼は……細かすぎるところがダメ

A型男子の彼は、慎重で臆病な性格からか何事に対しても細かすぎるところが目立ちます。

計画性があるとも言えますが、女子からすると何だかチマチマしていてカッコ悪いと感じることも。

しかも、けっこうケチな性格なので、何でもワリカンにしたがるところが。一緒に食事した後の支払いの際に、小銭を数えられると百年の恋も冷めてしまいそう。もう少し彼には男らしさが必要なのかもしれません。

でも、あなたの応援や激励で、彼の自尊心を高めることができればきっと魅力的な好人物になれるはずです。

B型男子の彼は……気分屋すぎるところがダメ

B型男子の彼は、気分屋でそのときのフィーリングで生きているところが。そのため、言うことが日によって変わったり、時間に遅れたり約束をすっぽかしたりすることもしばしば。

しかもノリが軽いため、傍から見るとチャラ男に見えてしまうようです。中身はわりとロマンチストなのですが、それをあまり表に出さないため損しているタイプでしょう。

もうすこし素直になるとモテそう。そのためには、あなた自身が素直に接するようにしましょう。

そして、約束を守ってくれたら少し大げさなくらいに喜んでみせて。だんだん気分屋な部分が抑えられていくはず。

O型男子の彼は……ガツガツし過ぎるところがダメ

O型男子の彼は、モテたい願望がかなり強いタイプ。ただ、それが行き過ぎてガツガツし過ぎたり、間違ったカッコの付け方でウザいと感じさせるのが玉にキズ。

しかも、何かにつけてすぐに下心をだしてしまうところが、女子を遠ざける結果になってしまっているようです。ややガサツなので、いざというときに「この男とはないわ」と思われる原因に。

男らしさはあるので、もう少し繊細さを身につけると良いかも。

彼はおだてに弱いので「○○君って男らしいよね! でも、もう少し優しくしてくれたら嬉しいな」と上手に操縦できれば、その通りになろうと努力してくれるでしょう。

AB型男子の彼は……淡泊過ぎるところがダメ

AB型男子の彼は、何に対しても事なかれ主義なところが。平和を愛する心の持ち主ですが、高いプライドと悟ったような生き方が、女子からすると“女に興味のない淡泊な人”と見られることも。

しかもかなりのマイペースなので、自分の興味のあることにしか熱意を注ぎません。

付き合う前から「この人と一緒にいても楽しくない……」と思わせるため、もう少し感情表現を豊かにするといいかも。

あなたの方からまず、彼の趣味や好みに寄り添うことで、彼も自分の気持ちを表現してくれるようになるはず。

おわりに

彼女ができない男子のほとんどは、何かしらの要素が“いき過ぎている”ことが多いと言えます。

「自分を客観視できていない」これがモテない男子の最も大きな原因なのかもしれません。

そんなダメなところをあなたがカバーすることができれば、彼氏候補としてアリかもしれませんよね。

彼の良いところとダメなところ両方チェックしてみましょう。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。