1. トップ
  2. ファッション
  3. たった8着でOK!今すぐ買うべき「”大人フェミニン”派の春アイテム」をOggiが厳選!

たった8着でOK!今すぐ買うべき「”大人フェミニン”派の春アイテム」をOggiが厳選!

  • 2015.3.11
  • 13275 views

あたたかい日が続いて春を感じるけれど、まだまだ冬物も着まわせちゃうし……春物を取り入れるのはもうちょっと先でいいかな? って、そんなわけがありません!

特に、大人っぽさも、かわいらしさも、トレンドも……と、おしゃれに関して欲張り志向な「大人フェミニン」派は、アイテムへのこだわりが人一倍強いはず。それなのにまだ春物をそろえていないなんて……めぼしいアイテムは店頭から消えて、うっかり「流行に乗り遅れた!」なんてことになりかねません。

『Oggi』4月号ではそんな、鮮度を大事に女らしさを手に入れたい「大人フェミニン」派のためのワードローブをご紹介。たった8つというミニマムワードローブなのに、どれも最高に着まわせるんです♪

★「洗練シンプル派」はこちら→ 「たった8着でOK!今すぐ買うべき「”洗練シンプル”派の春アイテム」をOggiが厳選!」
 

◆個性がありつつも着まわし力バツグンな、精鋭4アイテムはこれ!

【1】“甘さ”と“こなれ”のつなぎ役「優しげライダース」

かっこいい印象が強いライダースジャケット。選択のコツは、金具、色、そして素材感。ファスナーなどの金具は、しなやかな素材になじむ上品なシルバー系を。

アイボリーやグレーに寄ったニュアンスのある白は、どんなアイテムも受け止める、バツグンの着まわし力を発揮してくれること間違いなし!

ライダースジャケット ¥58,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店<ユナイテッドアローズ>)

 

【2】上品クラシカルな雰囲気をプラス「ボトルネックニット」

今季、人気ブランドからこぞって登場しているボトルネック。エレガントな表情を演出できるうえ、ハイネックほど首が詰まっていないので、抜け感もあります。

オン・オフでの活躍を視野に入れ、リラックス感のあるゆったりシルエットのものをチョイス。短め丈も、旬のバランスづくりにマストです。

ニット ¥11,000(TOMORROWLAND<MACPHEE>)

 

【3】メインアイテムを“きれい色”で更新「パステルカラーパンツ」

おなじみのきれいめパンツも、優しげなペールトーンパステルで鮮度アップを狙って。きちんと感はキープしつつも、色の魔法でシンプルな着こなしに新しさが加わるのがうれしいところです。

スカートだとちょっと照れくさいピンクも、パンツでなら取り入れやすいはず!

パンツ ¥19,000(DES PRES 丸の内店>DES PRES>)

 

【4】“きちんと”も“カジュアル”も両立「ストライプ柄フレアスカート」

ひざ丈フレアは、トレンドのストライプ柄&コットン素材でさわやかな女らしさを光らせて。ストライプ柄はモードな印象にもなりがちなので、細目のピッチ、グレー×白などコントラストを抑えた配色で、女らしさのあるものを選びましょう。

軽やかなコットン素材なら、休日スニーカースタイルとも好相性です!

スカート ¥13,000(ル ドーム イエナ 名古屋パルコ店<イエナ>)

◆清潔感と女性らしさを兼ね備えたシンプルラインナップ。定番はこの4アイテム!

【1】1枚でも着られる長め丈が◎「Vネックカーディガン」

フレアスカートやパステルカラーパンツなど、甘めの新顔ボトムにVネックがシャープさをプラスしてくれます。ゆとりのあるシルエットは、ボタンを留めても、腰に巻いても、絵になる一枚!

サラッとした薄手の素材は、ライダースのインナーとしても、もたつかないので優秀。

カーディガン ¥30,000(フィルム<ソブ>)

 

【2】フェミニンなとろみ素材を指名!「シンプルブラウス」

着まわし力の高さは、もはや説明不要なほど。比翼仕立てのノーカラーは、ボタンをすべて留めるとノーブルに。第2ボタンまで開けるとこなれ顔に。着こなし次第で印象チェンジが叶う優れもの!

透明感のある白を選ぶことで、インナーにしたときに春らしい「抜け」ができます。

ブラウス ¥21,000(フローレント<FLORENT>)

 

【3】着まわし力の高いきれいめな“白”「九分丈パンツ」

着まわしとなると、一枚は持っておきたい上かつ超万能な白パンツ。脚を美しく魅せるセンタープレス入りは、働く女性としてのきちんと感をアピールできます。

軽快な脚さばきが叶うアンクル丈は、エレガントになりすぎず、ぺたんこ靴とも相性よし。休日にもガンガン投入しちゃいましょう!

パンツ ¥18,000(ラ・エフ)

 

【4】バツグンの着心地で“楽してきれい”を実現「カットソーワンピース」

甘めなアイテムはすでにそろっているので、ワンピースは「こなれ」を重視した選抜に。一見「リラックスすぎる?」という雰囲気ですが、着てみると広めに開いたデコルテや、シルエットが女っぽさを演出してくれます。

小物次第でアレンジがきくシンプルさもポイント。素材やフィット感を重視して選んでみましょう。

ワンピース ¥7,900(PLST)

 

選び方次第で夏までしっかり活躍しちゃう、優秀アイテムが勢ぞろい。ぜひ今のうちに、めぼしいアイテムは手に入れておきましょう。新顔+定番で、一段格上の着こなしが約束されます!(鈴木 梢)

 

★「洗練シンプル派」はこちら

→たった8着でOK!今すぐ買うべき「”洗練シンプル”派の春アイテム」をOggiが厳選!」

(『Oggi』2015年4月号)

の最初に登場しました。