1. トップ
  2. ヘア
  3. 透明感たっぷりのラベンダーカラーで冬に周りと差をつけて♡

透明感たっぷりのラベンダーカラーで冬に周りと差をつけて♡

  • 2019.1.4
  • 9861 views

最近根強い人気ヘアカラー「ラベンダー」。 ラベンダーのようなパープルを取り入れたアッシュカラーがオシャレで可愛いと大人気なんです♡ 透明感があり、寒さが深まるこの季節にぴったりのラベンダーカラー。 パープルの入れ具合で印象もさまざまになれます。 お気に入りのラベンダーカラーで季節の変わり目のオシャレを楽しんでくださいね! ラベンダーカラーを取り入れたヘアスタイルをご紹介していきます。

ラベンダーカラーは日本人の髪にぴったり★


日本人の髪色は赤みの強い人が多く、アッシュカラーを入れるだけだとすぐに赤みがでてしまうという悩みをもった人が多いです。

そんな赤みを活かせるのがラベンダーカラー。

赤みのある髪色にカラー剤で青みをプラスすることで、キレイなパープルがかったラベンダーカラーが完成します♡

しっかりと馴染むので、色落ちもしにくく日本人にぴったりと言われています。

また、青みがかったカラーが冬の雰囲気に合いつつ、赤みのある温かさが冬のファッションにも合わせやすいので、冬のオシャレにぴったりと今年の冬大注目のトレンドヘアカラーに!

良いことずくめのラベンダーカラー、試してみたいですよね。

パープルって奇抜すぎるかな?と不安な方も心配ありません♡

カラーの入れ方次第でさまざまな雰囲気になれますよ。

自分にぴったりのラベンダーカラーを見つけて、是非トライしてみてください。

ラベンダーグラデーションカラー


毛先に向かってだんだんとラベンダーが強くなるグラデーションです。

個性派カラーもグラデーションで入れるとなじみやすくなりますよ♪

ラベンダーカラーでツヤ髪に♡


こちらは全体的にラベンダーカラーを加えたヘアスタイルです。

暗めカラーのパープルはツヤっぽく、とてもキレイなツヤ髪になれちゃいます!

カラーをしながらツヤ髪を手に入れられるなんて嬉しいですよね★

深みのあるカラーで上品な雰囲気に。

ピンクラベンダーカラー


赤みと青みのバランスで色んなラベンダーカラーがつくれます♡

こちらは赤みを少し出してピンクがかったラベンダーカラーに。

毛先をコテで巻くとキレイなピンクが引き立ちますね。

毛先ラベンダーヘア


毛先にラベンダーカラーをしっかり入れたスタイルです。

毛先だけに入れて、毛先を巻くと自然にカラーヘアを楽しめますよ♡

寒色系の洋服とも合わせやすいので、この冬新しいカラーにチャレンジしてみたいという方にとってもおすすめです!

ボブにもラベンダーカラーを♡


ボブでラベンダーカラーをすると大人可愛い雰囲気に変身!

顔の周りに赤みがかったラベンダーカラーがきて、血色が良く見える美肌効果も♡

赤み多めのラベンダーカラー


こちらは赤みを多めに使ったラベンダーカラーです。

ただの赤ではなくオシャレな雰囲気になりますね♪

もともとの赤みを活かせるので日本人の顔にも合いやすく、チャレンジカラーの中でも一番自然にとりいれられます!

傷みも目立たず◎ですね。

ハイライト×ラベンダーカラー


ハイライトをたくさん入れた明るめカラーにラベンダーカラーをプラス♡

巻くとラベンダーカラーがキレイに出てきて、とても可愛いです♪

ハイライトやローライトを入れるように、細く何本もラベンダーカラーを入れていくのも立体感が出て良いですね。

暗めトーンでモテカラーに


ツヤが出て傷みも隠せるラベンダーカラー。

暗いトーンでラベンダーカラーを入れると、可愛らしいモテカラーに♡

光に当たってうっすらわかる青みが、落ち着いて可愛らしい印象を与えてくれますよ。

冬のデートやバレンタインに試したくなるカラーですね。

ラベンダーアッシュ


全体にラベンダーアッシュカラーを入れたヘアスタイルです。

光の当たったトップに、キレイにパープルが出ていてオシャレな雰囲気に!

アッシュと合わせるとラベンダーカラーがよりなじみやすいので、全体に入れるときに良いですね。

インナーカラーでとりいれて!


流行りのインナーカラーに、ラベンダーカラーを使ってみるととっても素敵なヘアスタイルに!


見え隠れするラベンダーカラーが立体感を出してくれます。

内巻きにするとより一層キレイに見えますね。

この冬のトレンド満載のオシャレさんヘアです。

いかがでしたか?

透明感抜群のオススメのラベンダーカラーをまとめてご紹介しました。

お気に入りは見つかりましたか?

パープルの強いものから自然に取り入れられるものまで、色々なスタイルで楽しめるラベンダーカラー♡

季節の変わり目に是非挑戦してみてくださいね!

元記事で読む