お正月、彼親に会っちゃう!?彼も彼親も納得の「鉄板いい嫁コーデ」3選

お正月の挨拶をしに、彼の実家に行くことってありますよね。
彼の親にどう思われるか、ドキドキする反面、つい気合いが入ってしまいがちな状況とも言え、「どんな服を着ていこう…」と悩んでしまいます。
そこで今回は、誰もが知りたい、彼親に会っても安心な“鉄板いい嫁コーデ”を3つご紹介していきましょう!

1. 清楚に見えるホワイト色をポイントに

普段、赤や黄色、青など“原色”が好きだというあなた!
彼親に会うときだけは原色は封印!
コーディネートにハッキリした色を一色入れるだけでコーデにパッと鮮やかさがプラスされるのは確かですが、入れ方を間違えると「派手な子」という印象を与えてしまいます。
彼親に挨拶に行くときは、ホワイトのセーターをポイントとしたコーディネートがオススメです。
膝丈のスカートを合わせれば、優しく清楚な印象となりますよ。

2. パンツスタイルは「デキる女」感UP!

スカートが苦手だという人は、パンツスタイルでかっこよくキメてみましょう。
とは言え、スーツのようなガチガチなパンツスタイルは「頭が固そう」、「息子よりも強そう」と感じさせてしまいます。
どんな親だって、息子が尻に敷かれるところなんて想像したくありませんよね。
もしパンツスタイルを選ぶのであれば、ベージュやグレーといった色のワイドパンツにすれば柔らかさを演出できます。
ワイドパンツは「足が太く見える」という人も意外と多いアイテムですが、タイトなトップスを合わせればバランスよく着こなすことができますよ。

3. 髪はまとめて顔周りをスッキリと

女性には、自分の髪形にこだわりがありますよね。
しかし、彼親に会うときには髪は束ねてスッキリとさせるのがGOOD!
お辞儀をしたときに髪の毛が顔にかかってしまうようでは、バサッとしているように見えてしまい暗い印象に…。
また、顔にかかっている髪の毛をいちいちどけているというのも格好よくありません。
オススメな髪形は、下の方で作る“ゆるふわお団子”スタイル。
パステルカラーのトップスに細身のパンツを合わせても、ゆるふわのお団子で雰囲気が和らぎます。
どのようなコーディネートにも似合う、鉄板の髪形です。

参考になりましたでしょうか?
おっとりしすぎていても「家事や子育ては大丈夫?」と思われてしまい、逆にきつく見えすぎていても「夫になる息子の立場が心配…」と思われてしまう…。
しかし、第一印象を良くするには見た目を考えれば良いだけ!
顔の印象はどうにもならないので、とにかくコーディネートを考えましょう。
個性的な服装は彼親に会うときは控える、万人受けしやすいアイテムを選ぶ、これだけで、彼親とのスタートはより良いものになりますよ。

元記事を読む
提供元: Grappsの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。