1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お正月によく見る飾り物って何のためのもの?

お正月によく見る飾り物って何のためのもの?

  • 2018.12.28
  • 6835 views

2018年も残すところあとわずか。もうすぐお正月です。日本のお正月といえば、門松や鏡餅など様々な飾り物がありますよね。多くの方が自宅に飾られているのではないでしょうか?実は、新年を華やかに迎えるためのただの飾りではないってご存知でしたか?それぞれにきちんと意味があるんです。そこで今回は、お正月によくみる飾り物は何のためにあるのかについてご紹介したいと思います。これを知っておけば、豆知識としてお正月の話題のネタにもなるかもしれませんよ!

鏡餅

スーパーなどで気軽に購入でき、飾るスペースをあまり取らないこともあり多くのご家庭で鏡餅を飾られているのではないでしょうか?

そんな鏡餅のルーツは平安時代。健康と長寿を祈願して行われた正月行事"歯固めの儀"に由来すると言われています。元々お餅は神様に捧げる神聖な食べ物とされてきました。神様へのお供えものを頂くこと、お餅は長く伸びて切れないことから1年の無病息災や長寿を願い、お正月に食べられているのです。

ちなみに鏡餅の上に飾られてるみかんですが、昔は橙(だいだい)を飾っていました。しかしサイズが大きく小ぶりな鏡餅には合わないため、橙色のみかんを置くようになりました。
その家が繁栄し代々(だいだい)続くようにという意味が込められているそうです。

しめ縄

玄関などに飾られる方も多いしめ縄。お正月だなぁと感じる風物詩ですよね。

そもそも正月行事というのは、年神様という新年の神様を迎える行事とされてきました。しめ縄を飾ることで、神様を迎える神聖な場所であるということを示す意味があります。

また、神様のいる神聖な場所と私たちのいる現世を分け隔てる意味もあると言われています。穢れたものを通さない結界の役割を果たしているのです。

お正月になると当たり前のように目にするしめ縄ですが、深い意味が込められていたのですね。

門松

新年に門前に立て飾る松、門松。昔ほど飾っているお宅を見る機会も減りましたが、お店や駅などでお正月になるとよく見かけますよね。

そんな門松ですが、年神様が迷うことなく家へ辿り着けるよう目印として飾るようになったと言われています。樹木には神様が宿るとも言われ、松は"祀る(まつる)"に繋がる樹木であることからめでたいとして門松に使われるようになりました。

松の内と呼ばれる期間に飾るのが正しいとされており、飾り始めるのは正月事始めの12月13日から。
松の内の終わりは地域によって異なり、関東地域なら1月7日、関西地域なら1月15日までとされています。

お正月の象徴とも言える立派な門松にも、やはり深い意味が込められていたのですね。

お正月によく見る飾り物は何のためのものなのか、についてご紹介しました。きちんと理解した上で準備することで、より新年をすっきりとした気持ちで迎えられそうですね。ぜひ、1年の感謝の気持ちや新年の健康を祈って飾り物を準備してみてはいかがでしょうか?

元記事で読む