1. トップ
  2. 鈴木拡樹の優しい素顔が明らかに!“刀剣男士”が正装でズラリ集合、歓声浴びる

鈴木拡樹の優しい素顔が明らかに!“刀剣男士”が正装でズラリ集合、歓声浴びる

  • 2018.12.28
  • 139 views
映画版“刀剣男士”がレッドカーペットを闊歩!
KADOKAWA

人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の初の実写映画『映画刀剣乱舞』(2019年1月18日公開)の完成披露上映会が12月27日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀、耶雲哉治監督が登壇。“刀剣男士”のキャスト陣が正装で集合し、劇場内に敷かれたレッドカーペットを闊歩。大いに会場を盛り上げた。

【写真を見る】“刀剣男士”の鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀が笑顔!

本作は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を発端に、アニメやミュージカル、舞台など数々のメディアミックスを成功させた大人気コンテンツの初めての実写化作品。

舞台に引き続き、三日月宗近役を演じた鈴木は「本日がお客様に観ていただく初日。ドキドキしてこの日を迎えたんですが、迎えてくださった熱量で『楽しんでいただけたのかな』という感触を感じることができた」と上映後の観客の反応を見て、感無量の面持ち。

「舞台をやらせていただいたキャストも数名いる。(舞台から)そのまま映画に出られるのは本当にびっくりしましたし、舞台でやってきたことも反映させて、活かせていけたらなと感じていました」と気心の知れたメンバーとの映画での共演を喜びつつ、「舞台では想像しながら演じていたものが、映像だとセットが360度に広がっている。砂利道が戦いにくいことなど、いろいろなことを体感した」と映画ならではの楽しさや苦労があったことを明かしていた。

撮影現場では鈴木が座長ぶりを発揮していたようで、へし切長谷部役の和田が「撮影現場ってお腹が空く。拡樹さんが、ずっとお菓子を持ち歩いていてくれた」と話すと、山姥切国広役の荒牧も「夜の現場ではずっとホッカイロを持ち歩いていて。撮影がストップした瞬間に『寒いよね』とカイロを配ってくれた」と鈴木の優しさに感謝。鈴木は「“お菓子配るおじさん”と言っていました。すきあらばお菓子を配っていた」と語り、会場の笑いを誘っていた。

「たくさんの方に観ていただいて、『刀剣乱舞』の世界観をを知らない方にも楽しんでいただきたい」と心を込めた鈴木だが、「この映画では、ドローンをたくさん使っています。実は最後の最後のシーンで、弓でドローンを射抜いてしまいました。ドローンが一台、失われております」と撮影時に起きたハプニングを告白。「大ヒットしております!そんな大ヒットの願掛けがあったので、大ヒットしてほしいですし、失ったドローンを取り返すために、頑張りたいと思います!」と声を上げて、大歓声を浴びていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

元記事を読む