ポーズの安定感に差が出る?ふくらはぎを柔らかくしよう

undefined
Cover image by BIGSTOCK

グラウンディングってなぜ大事?

ヨガの聖典のひとつである『ヨーガスートラ』にて、アーサナの定義は「安定していて快適であるべき」だと述べられています。グラウンディングは、土台をしっかりと築いてくれるもの。土台の安定なくしてアーサナ全体の安定はあり得ません。アーサナによって土台はどこになるかは変わりますが、立位のポーズの場合、下半身が土台のことがほとんどです。下半身を安定させるには、やはり地面をしっかりと踏みしめることが必要になってくるのです。

グラウンディングに重要なふくらはぎの柔軟性

立位のポーズでしっかりと地面を踏みしめる場合、タダーサナのように足首を90度にした状態であれば、誰でも地面にどっしりと足の裏をつけることができるでしょう。問題なのは、前後開脚系アーサナです。パールシュボッターナーサナ、ヴィラヴァドラアーサナ1、パリブリッタトリコナーサナなど代表的な足を前後に広げるポーズでは、後ろの足をかかとまでしっかりつけることで十分なグラウンディングにつながります。股関節周辺の筋肉の柔軟性も関わりますが、かかとを床に下ろす動きで特に求められるのはふくらはぎの筋肉の柔軟性です。この動きを、ふくらはぎの柔軟性を高めることで、よりやりやすくしていきましょう!

ふくらはぎの筋肉をストレッチしよう

前後開脚した状態で、後ろの足のかかとを床に下ろす動きである「足関節の背屈」に求められるのは、下腿三頭筋と呼ばれるふくらはぎの筋肉の柔軟性です。どのアーサナでも膝を伸ばして行うため、下腿三頭筋の中でも特に腓腹筋を柔らかくする必要があります。一人で出来るストレッチをやってみましょう!

HOW TO

1.両足を揃えて壁の前に立つ。

2.壁に両手をつき、片方の足を一歩後ろに引く。後ろに引いたほうの足はかかとを完全に床につけ、膝を伸ばす。

3.前の足の膝を曲げ、上半身を前に倒す。後ろの足のかかとは床につけたまま、ふくらはぎの筋肉が伸びているのを感じるポイントでキープ。

4.反対側も同様に行う。

腓腹筋の柔軟性を高めることで、かかとでしっかり床を踏みしめ、前後開脚系アーサナのグラウンディングを高めまります!安定した土台で快適なアーサナを味わってくださいね。

元記事を読む
提供元: Yoga Journal Onlineの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。