1. トップ
  2. レシピ
  3. 特製だれをかけてめしあがれ♪ ふわふわ食感のむね肉を使ったゆでどり5選

特製だれをかけてめしあがれ♪ ふわふわ食感のむね肉を使ったゆでどり5選

  • 2018.12.27
  • 5811 views
「ゆでどりとキャベツの梅だれがけ」
料理:新谷友里江 撮影:高杉純

にんにくのアクセントが効いた「ゆでどりのねぎだれがけ」

食べごたえがあってヘルシーなとりむね肉は、使い勝手のよい食材のひとつ。味がよく馴染むので、いろいろな「たれ」をかけると新しい味に出会えるかも? 今回は手作りの「たれ」を使ったゆでどりレシピを5つピックアップしました。食卓にもう1品欲しいときに、ぜひ作ってみてくださいね。

ゆでどりとキャベツの梅だれがけ

【材料・2人分】

とりむね肉 1枚、キャベツ 1/4個、きゅうり 1本、塩、こしょう 各少々、酒、片栗粉 各小さじ1、梅だれ(梅肉 2個分、ポン酢じょうゆ 大さじ1、ごま油 小さじ2)

【作り方】

1. キャベツはざく切り、きゅうりは縦半分に切って斜め薄切りにする。梅干しは種を取って包丁でたたく。とりむね肉は一口大のそぎ切りにして、塩、こしょう各少々、酒、片栗粉各小さじ1をもみ込む。

2. 鍋に湯を沸かし、キャベツを中火で約1分ゆでる。しんなりしたらざるに上げ、続けてとり肉を入れて約2分ゆでる。火が通ったらざるにあける。

3. キャベツ、きゅうりを混ぜて器に盛り、とり肉をのせる。梅だれをかける。

(1人分256Kcal、塩分2.1g)

キャベツはしんなりするまでゆでるのがポイント。優しい甘みのキャベツと梅だれの酸みが、メリハリのついた味を演出します。ゆでどりのふわっとした歯ごたえは、しっかりした食感のきゅうりと相性抜群ですよ。

ゆでどりのねぎだれがけ

香味だれが食欲をそそる絶品ゆでどり。とり肉は水からゆでて、沸騰したら火を止めて余熱で火を通します。

にんにくのアクセントが効いた「ゆでどりのねぎだれがけ」
料理:坂田阿希子 撮影:野口健志

しっとり棒々鶏(バンバンジー) ピーナッツソース

ピーナッツを使うと香ばしいテイストになって◎。とりむね肉はゆで汁の中で粗熱をとると、身がパサパサになりません。

「しっとり棒々鶏(バンバンジー) ピーナッツソース」
料理:伊藤晶子 撮影:千葉充

水晶どりの中華あえ

きゅうりをリボン状に仕上げるには、皮むき器を使うのがコツです。つるんとした口当たりがクセになるレシピ。

「水晶どりの中華あえ」
料理:渡辺麻紀 撮影:白根正治

ゆでどりのねぎごまソース

マイルドな甘みの長ねぎが、とりむね肉とベストマッチ。ねぎごまソースはフライパンで炒めて作ります。

「ゆでどりのねぎごまソース」
料理:下条美緒 撮影:福岡拓

とり肉の鮮度は早めに落ちてしまうので、表示の期限内に使い切るよう心がけてください。買い物の際は肉と脂肪に透明感がある、新鮮なとり肉を選びましょう。(レタスクラブニュース)

元記事で読む