“高速鉄道技術の進歩”をコンセプトに東海道新幹線から超電導リニアまでを展示するリニア・鉄道館

名古屋港エリアにある金城ふ頭は、イベントホールである「ポートメッセ名古屋」や2017年に開園した「レゴランド・ジャパン」など、おでかけスポットがたくさん!その中の一つが、2011年にオープンした「リニア・鉄道館」だ。

【写真を見る】左から「C62形式蒸気機関車」「955形新幹線試験電車(300X)」「超電導リニア MLX01-1」

東海エリアだけでなく、国内外から多くの人が訪れる
KADOKAWA

鉄道史にフォーカスした京都や埼玉の鉄道博物館とは違い、コンセプトは「高速鉄道技術の進歩」。東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの39両を一挙に展示している。鉄道が社会に与えた影響を楽しく学べるとあって、家族連れがみんなで満喫できるスポットだ。

世界最高速度を記録した3つのシンボル車両は必見!

【写真を見る】左から「C62形式蒸気機関車」「955形新幹線試験電車(300X)」「超電導リニア MLX01-1」
KADOKAWA

入ってすぐ目に飛び込んでくるのが、世界最速を記録した3つの高速鉄道。1つ目は狭軌鉄道の蒸気機関車として、1954年に時速129kmを記録した「C62形式蒸気機関車」。2つ目が、1996年当時の電車方式による世界最高速度、時速443kmを記録した「955形新幹線試験電車(300X)」。そして3つ目が、2003年当時の世界最高時速581kmを記録した「超電導リニア MLX01-1」だ。安全、快適、そして速さを兼ね備えた驚きの技術が詰まっている車両は、見応え満点だ。

間近で見られる実物車両がズラリ

東海道新幹線で活躍した車両が勢ぞろい。1964年の開業当初に4時間を要していた東京〜新大阪間は、技術発展に伴い、現在は最短で2時間22分にまで短縮されている
KADOKAWA

さらに歩みを進めると、これまで日本国内で活躍してきた、歴代の新幹線や在来線が展示される吹き抜けの空間が広がる。現存する唯一の蒸気動車や通勤電車の標準となった木製電車、0系のドクターイエローなど、館内外には39両もの実物車両が所狭しと並ぶ。

戦時中から活躍したモハ63形式など、昭和の時代を駆け抜けた電車も多く展示されている
KADOKAWA

蒸気機関からディーゼルへ、ディーゼルから電化、そして、戦後復興の象徴ともいうべき新幹線の開通。経済が発展するにつれ輸送能力は高まり、日本の鉄道文化も進化してきた。引き継がれていくDNAを感じながら、特徴的な車両の数々を思い思いの角度から見て触れて乗って、その勇姿を目に焼き付けよう。

日本の鉄道文化を象徴する車両が並ぶ
KADOKAWA

鉄道会社が作るから本気度が違う!日本最大級の「鉄道ジオラマ」は必見

細部にまでこだわり尽くしたジオラマは必見。鉄道マンたちの本気を見よ!
KADOKAWA

名古屋を中心に、東海道新幹線の沿線などの建物や情景を再現。およそ2万5000体のフィギュアと500棟ほどの建物が作り出す精緻な都市の中を、700系・N700系新幹線や在来線、超電導リニアの模型車両が駆け抜ける。

幻想的な夜の名古屋駅とテーマパーク
KADOKAWA

約20分間で美しく描写するのは、「鉄道の24時間」。企画・設計に2年、製作に1年をかけたという鉄道マンたちの「本気」をとくとご覧あれ。

関ヶ原では映画ロケが進行中!?
KADOKAWA
沿線で行われる、熱を帯びたロックフェスの風景も事細かに再現
KADOKAWA

新幹線&在来線シミュレータで味わう臨場感

N700系新幹線の実物大シミュレータ。運転操作を体験をしない人でも、後ろから巨大スクリーンで走行風景を楽しむことができる
KADOKAWA

新幹線シミュレータのコーナーには、N700系新幹線の実物大の運転台があり、東京ー名古屋間の運転操作を体験できる。およそ10メートル×3メートルの大型曲面スクリーンに映し出されるCG映像が、N700系ならではのスピード感や迫力を演出する。 (※体験は抽選で、1回15分間で500円)

曲面スクリーンが、運転シミュレートにリアリティをプラス
KADOKAWA

また、その隣には、在来線で活躍する211系と313系の運転シミュレータ8台と、313系の実物大の車掌シミュレータがある。いずれも、運転士や車掌になったかのようなひと時が堪能できる人気コーナーだ。(※運転シミュレータは先着順で、1回10分100円。車掌シミュレータは抽選で、1回15分500円)

在来線の運転シミュレータは先着順で体験可能
KADOKAWA

私たちの暮らしと共に発展してきた鉄道。日本の鉄道文化はその技術力の高さから、近年は海外にもその活躍の場を広げつつある。国鉄時代から培った技術を一挙に展示する「リニア・鉄道館」は、懐かしさと未来への期待が入り混じる、まさに「夢と想い出のミュージアム」。子どもから大人まで、あらゆる世代を魅了する”ホンモノ”の迫力を体感してみよう。

大人も子どもも楽しめる見どころがいっぱい
KADOKAWA

(東海ウォーカー・山田瑠美)

元記事を読む
提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理