「人前に出ると緊張してしまう…」を克服する5つの教え|心に効く“ヨガ哲学の処方箋”

undefined
Cover image by BIGSTOCK

会議でのプレゼンやスピーチ、人前でのお仕事など、人前で話す機会は年々増えてきます。人前で話すことを、考えるだけでも緊張してしまうことはありませんか?

言葉が出てこなかったらどうしよう…
頭が真っ白になったらどうしよう…
みんなが、つまらなそうにしていたらどうしよう…
みんなに、笑われたらどうしよう…

などなど、考えれば考えるほど、手に汗、体はブルブルしてきます。
何か知識を得たら、いきなり緊張せず話せるかといったら、いきなりは無理でしょう。

①聞いてくれる人たちを仲間だと思おう

まず大事なことは、聞いてくれる人たちが、失敗しても応援してくれる「仲間」と思うことです。誰かの話を聞きにいったときに、話し手の人が緊張していたら、笑いますか?馬鹿にしますか?おそらく、心の中で大丈夫だよ!と応援するのではないでしょうか。みんな、敵ではありません。失敗しても応援してくれる仲間だと思ってみましょう。

②完璧主義にならず失敗を楽もう

次に、完璧に話さなければいけないという、「完璧主義」を少し緩めて、肩の力を抜きましょう。失敗してはいけない・完璧に伝えなければいけない、という思いは、緊張を後押しし、聞いている人にも力が入り、リラックスして聞くことができません。

少しくらい、噛んだり、話題がずれても、ライブ感が出て、失敗も特別な楽しさに変わります。絶対ミスしてはいけない!と自分では思ってしまうかもしれませんが、聞く側になって考えてみると、絶対ミスは許せないとは思っていないはずです。

③良くできた自分を褒めよう

そして、できたことを思い出して、「自分を褒める作業」をすること。全部はうまくいかなかったとしても、「ここはうまく伝えられた」、「ここはアドリブで上手に対応できた」、「最後はリラックスできた」と良くできた箇所を探して自分を褒めることも大切です。

Getty Images
Getty Images

④小さな目標を設定して、少しずつ苦手なことに向き合う

できなかったことを改善して、次回に繋げることも、もちろん大切ですが、できたことを褒めて得意なことを探して伸ばす作業も大事です。そして、「小さな目標」を決めて、ゲーム感覚で達成してみましょう。

⑤「小さな目標を見つけて達成する」を繰り返し継続しよう

最終的なゴールを設定することも大切ですが、最終的なゴールにどうやったら達成できるか、そのために、まずは何から行うか、ゲーム感覚でクリアし、それを継続していくことです。

ヨガの教えでも「アッビャーサ(修習)」継続して学ぶという教えがあります。何事も継続することで、余裕が出て、余裕が出ることで改善点が見つかったり、得意・不得意がわかったり、成長に繋がります。

①みんな仲間だと思う ②完璧主義にならず失敗を楽しむ ③良くできた自分を褒める ④小さな目標をクリアする ⑤繰り返し継続する
この5つを意識して、人前で話すことも楽しく、自分の思いが伝えられるよう実践してみましょう。

元記事を読む
提供元: Yoga Journal Onlineの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。