1. トップ
  2. メイク
  3. ベアミネラルの人気シリーズ ベアプロから初のリップスティックが誕生

ベアミネラルの人気シリーズ ベアプロから初のリップスティックが誕生

  • 2018.12.22
  • 2164 views

肌への優しさはそのままに、優れたカバー力と崩れにくさを実現したベアミネラルの進化系ミネラル コスメ「ベアプロ®️」から、初のリップスティックが登場!

そこで、12月4日に中目黒の「Ballon Tokyo」にて、新商品のタッチアップイベントが開催されました。

進化系ミネラルコスメ ベアプロからリップスティックが誕生

ベアプロ初のリップスティックは、その名も「ベアプロ ロングウェア リップスティック」。

ロングウェアということは、肌に優しくミネラルなのに持ちが良いということ?それは、かなり気になります。

ベアプロ ロングウェア リップスティック 全12色 2g 各¥3,200(税抜)2019年1月4日発売

こちらのアイテムのポイントは3つ。

ポイント1、豊富な12色がラインナップ

こちらは、ミネラルと植物由来成分によるビーガンリップ。かつ発色、持ち、つけ心地の全てを叶えた高機能なミネラル マット リップスティックです。しかも可憐なヌードカラーから、強さ溢れるビビッドカラーまで、自然からインスパイアされた全12色がラインナップ。見たままの色が唇で発色するのも魅力の1つ。

ポイント2、キスプルーフ処方

キスプルーフ処方を採用。まさに、キスしても落ちない!色移りしない!つけたての美しいソフトマットな質感を長時間キープしてくれます。ベアプロ ロングウェア リップスティックなら恋人とのキスはもちろん、子供とのキスだって安心ですね。

ポイント3、ナチュラルリップケア

バオバブ種子油やヒマワリオイルなど、多彩な植物由来成分をたっぷり配合。特にホホバ種子から生まれたホホバエステルは、肌と親和性の高い成分。その膜でコーティングすることで、水分の蒸発の防ぎ潤いをキープしてくれます。乾燥や外的刺激による唇のカサつきやごわつきからもしっかりガード。

発色もよく、潤いやつけ心地にまでこだわった、まさにいいとこどりのリップスティック!

ちなみに、発色と潤いをよりキープするには、つけてから5〜7分ぐらい置くのが良いとこと。数分おくことで、リップが落ち着くそうです。

気になったからカラーを、早速手で試してみました!まずは、NUDEカラー。

手前から:カメリア、ピオニー、スパイス、シナモン

左から:カメリア、ピオニー、スパイス、シナモン

肌馴染みがよく、デイリーに使えそうなカラーです。

次は、BERRYカラー

手前から:レーズン、クランベリー

左から:レーズン、クランベリー

個人的には、クランベリーがお気に入り。発色がよく肌もキレイに見せてくれそうです。

そしてこちらは、REDカラー

情熱的なカーマインレッドのチェリー

確かにどれも発色抜群。しかも、手で試しても色落ちしないというのがわかりました。リップだけでなく、他のベアプロアイテムとセットで使うのもオススメですね。

そして、今回のイベントの会場は、「作ってあげたい彼ごはん」でヒットした料理家のSHIORIさんが初プロデュースするビーガンスタンド"Ballon Tokyo"

Ballon TOKYOは、昨年中目黒にオープンした、サスティナブルなファストフードを掲げた100%ビーガンのファラフェルサンドスタンドです。

私はビーガンソフトクリームをいただきました!

『おいしくて、体に良くて、環境に優しい=GOOD』というコンセプトが、ベアミネラルが今季より発信している、“THE POWER OF GOOD”・“CLEAN BEAUTY”と共鳴しています。

また、新作のリップとBallon Tokyo が提案するファラフェルサンドは
・クイックでイージーにつけられるのに長持ち=ファラフェルサンドもファストフードなのに腹持ちがいい。

・動物性の成分を使用せず肌に優しいビーガンリップであること=100%ビーガンでヘルシー

・キスプルーフ=ボリュームあるサンドやソフトクリームを食べても色移り、色落ちを気にしなくていい。
という部分でもリンクしていることから選ばれたそうです。

人生100年時代が到来して、「私たちはメイクはいつまでするのか?」と考えされらますよね。長い間、メイクをするのであれば、人体にも肌にも良いものを選びたいものです。そんなメッセージも込めたベアミネラルの発表会。本当に素敵でした!商品は年明け早々に発売するので、気になった人はショップへ行ってみて!!

問い合わせ/ベアミネラル 0120-24-2273


Brand/bareMinerals

Place/ballon TOKYO

Date/2018.12.4




元記事で読む