1. トップ
  2. 北大路欣也、3年ぶり“剣客商売”に「非常に心を和ませてもらいました」

北大路欣也、3年ぶり“剣客商売”に「非常に心を和ませてもらいました」

  • 2018.12.21
  • 898 views
12月21日(金)に年末時代劇スペシャル「剣客商売 手裏剣お秀」(フジテレビ系)を放送
(C)フジテレビ

【写真を見る】斎藤工、和服姿が似合う!

12月21日(金)に年末時代劇スペシャル「剣客商売 手裏剣お秀」(夜9:00-11:12、フジテビ系)が放送される。原作は、池波正太郎の代表小説「剣客商売」。江戸時代屈指の剣の達人であり、剣を世渡りの手段としながら軽妙洒脱に生きる秋山小兵衛の人生と事件を描く。

2012年に北大路欣也主演で単発ドラマとして復活し、今回が5作目。その主役を務める北大路が、役どころや共演者の印象を語った。

北大路「メンバーと再会できたこともすごく嬉しかった」

剣客商売 手裏剣お秀
(C)フジテレビ

前作の「剣客商売 陽炎の男」(2015年、フジテレビ系)以来、3年ぶりの出演。その撮影を振り返って、「故郷・京都の撮影で自然に対面する時間が長かったので、そういう意味で非常に心を和ませてもらいました。メンバーと再会できたこともすごくうれしかったです」と笑顔。

また、今回が初共演となる比嘉愛未を「感心して見ていました」と、殺陣のシーンなど見事にこなす力量をたたえた。

息子・大次郎を演じる斎藤工とは、共演経験も長いことから「彼は色んなことを勉強してる。外には出さないけどね」と努力家であることを明かしつつ、「役では、親父(小兵衛)を心配しながら、立てながら、うまい具合に接していただいています。いい息子だね。こんな息子がいたらいいなと思います」と、役柄を超えた信頼関係を築いている様子。

小兵衛の妻・おはるを演じる貫地谷しほりについては、「あの役は難しいと思います。でも、なんの違和感もなく見事に僕をリードしてくれました」と高評価。共演者それぞれを絶賛した。

北大路「時代劇としても楽しめるエンターテインメント」

剣客商売 手裏剣お秀
(C)フジテレビ

自身が演じる小兵衛を「僕はこういう大人になりたいと思った。憧れます」として、「小兵衛さんは、相手の言ってることをよく見てから言う人。そんな聞く耳を持っている大人になりたいです。僕は一方的に突っ走る方が得意なので。

小兵衛さんには、人との接し方や目上の方との接し方、そういったものをいっぱいもらいました」と、自身が演じたキャラクターへの愛着を見せた。

最後に、「人間がそれぞれの立場で一生懸命、真正面から正直にぶつかりながら、男性も女性もキラっと光る瞬間があります。それがこのドラマをやっていて、一番惹きつけられた部分。アクションもあって、時代劇としてもたのしめるエンターテインメントになっています」と、見どころをアピールした。(ザテレビジョン)

元記事で読む