1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 希少価値が高い北欧食器☆アラビアヴィンテージ「Karano/カルタノ」特集

希少価値が高い北欧食器☆アラビアヴィンテージ「Karano/カルタノ」特集

  • 2018.12.21
  • 4646 views

フィンランド・ARABIAのデザイナー「Esteri Tomula」(エステリ・トムラ)によって手掛けられた「Kartano」(カルタノ)シリーズ。

製造年数は1973年から1976年の3年余りで生産数も少なめだったため、入手困難なシリーズと言われています。

今回は、そんな希少価値が高いカルタノシリーズをご紹介します。

シンプルで可愛い北欧食器「Karano/カルタノ」特集

「Kartano」(カルタノ)とは?

貴族の荘園や領地、または農園という意味を持つ「Kartano」。

デザインは、小花のモチーフのような黒いドット柄が印象的です。

シンプルでありながらも可愛らしい印象ももたらしますね。

ずっと使いたい「Kartano」特集

現在販売されているこちらのプレートは、17cmサイズの使い勝手の良いタイプ。

ブラックのドット柄を囲むように、ブラウンのラインが描かれています。

オールシーズンの食卓にマッチする、シンプルなデザインのカルタノシリーズ。

合わせるランチョンマットやテーブルウェアによって、また違った雰囲気に。

こちらはカップ&ソーサーになります。

おしゃれでレトロなガラスケースの中に収まる、カルタノのティーポット。

フィンランド生まれの食器ですが、どこか和の落ち着いた雰囲気も持ち合わせていますね。

ARABIAの「aamu」(アアム)のプレートと合わせたカルタノのカップ&ソーサー。

シンプルなのに、キュートなお花が描かれたアアムとの相性はピッタリですね。

カルタノのプレートに彩り豊かなフルーツや食材を、左側にはロールストランド社の「ANEMON」(アネモン)のプレートを合わせています。

朝食タイムにお気に入りのテーブルウェアでまとめると気分が高まりますね。

アラビアのファエンツァとルスカ、カルタノ、そして先程のロールストランド社のアネモンでまとめた上品なテーブルの光景です。

カラーが抑えめで全体的に統一感があるおやつタイムは、長居したくなるような雰囲気ですね。

くつろぎのデザートタイムに、カルタノのカップ&ソーサーをチョイス。

ケーキはモノトーンのプレートに載せてシックな雰囲気に。

カフェにいるようなセンスの良いテーブルシーンですね。

パウンドケーキの取り分け用のお皿としてカルタノのプレートを、コーヒーをカルタノのカップに注いで統一感のある光景に。

ホワイトのプレートや木製のホワイトテーブルと合わせると、ナチュラルな雰囲気が漂いますね。

カルタノのプレートにワッフルを、イイホシユミコさんのtoriプレートにフルーツを載せた素敵な光景。

合わせているフォークは、ナチュラルキッチンで見つけたプチプラカトラリー。

トータルバランスが絶妙です。

アラビア・ルスカのカップ&ソーサーに、カルタノのエッグカップを合わせたブレイクタイム。

小さめのエッグカップは、食卓に出すお砂糖入れとしても程良い大きさですね。

クリスマスケーキを囲む、アラビアのファエンツァとカルタノのカップ&ソーサー。

ブラウンで描かれたファエンツァの小花柄と、ブラックの小花柄のようなドット柄のカルタノ。好バランスに決まっていますね。

カルタノのカップ&ソーサーとティーポット、ボウルが揃った光景は、見えてるだけでも穏やかな気分に。

懐かしさが漂うレトロ感が、温かみをもたらします。

カルタノのボウルにブドウを盛り付けるだけでも絵になりますね。

深さのあるボウルはシリアルやフルーツ、サラダのお皿として、または煮物など和食にも活用出来そうです。

カルタノのプレートに小さめのカヌレをこんな風に並べると、一段と美味しそうに見えますね。

近くで見るとよく分かる、縁のブラウンのラインが中心のドット柄を品良く際立たせています。

まとめ

今回は、たった3年余りの製造期間で希少価値が高い「Kartano」シリーズをご紹介しました。

40年以上前のデザインでありながらも、現代のテーブルシーンにマッチする独特な魅力を持つ「Kartano」シリーズ。

北欧雑貨やヴィンテージ品を扱っているお店では、すぐに売り切れてしまう可能性もありますが、購入も可能になっています。

気になられた方は是非チェックしてみてくださいね。

元記事を読む