1. トップ
  2. 出川哲朗、田中裕二&岡村隆史の“他では見られない関係性”とは?<スモール3・木月Pインタビュー>

出川哲朗、田中裕二&岡村隆史の“他では見られない関係性”とは?<スモール3・木月Pインタビュー>

  • 2018.12.21
  • 343 views
12月22日(土)に「出川と爆問田中と岡村のスモール3」(フジテレビ系)が放送される
(C)フジテレビ

出川哲朗、爆笑問題・田中裕二、ナインティナイン・岡村隆史による新ユニット“スモール3”が、“いま会いたい人”や“いまやっておかないと気が済まないこと”をかなえるべく奮闘するロケ&トークバラエティー「出川と爆問田中と岡村のスモール3」(12月22日[土]夜9:00-11:10、フジテレビ系)。

【写真を見る】岡村隆史らが、ZOZO社長と高級シャンパンで乾杯!

「ザテレビジョン」では、同番組を担当する木月洋介チーフプロデューサーにインタビューを行い、番組制作の裏側や出演者の魅力などを聞いた。

3人の“人生”が見えるような番組に

――まず、“スモール3”の企画立ち上げの経緯を教えてください。

初めは「めちゃイケ」(「めちゃ2イケてるッ!」1996~2018年、フジテレビ系)のスタッフでもあり、出川さんとも付き合いの長い北村要ディレクターから、「この3人で」と企画を持ち込んでいただきました。

――企画を聞いたときはどう思われましたか?

面白い座組みのバラエティーだなって。ただ、当初は深夜番組で放送するイメージの番組だったんです。

ところが、編成からは「土曜プレミアム」という枠を提示され、はっきりしたテーマ性を求められました。そこから半年くらい試行錯誤しながら北村さんたちと企画を詰めていきました。

――番組のテーマや構成は、どのようにして決まっていったのでしょうか。

まず、ロケスタイルの方がお三方の良さが出せると考えて、その上でどんな内容が一番面白くなるのかを話し合いました。

この3人は皆さん“アラフィフ”なんですよね。それなら、“人生”が見えるような番組がいいんじゃないかと。

たくさんのことをやってきた後の残りの人生をどう過ごしていくか。心残りなことや、新たにやってみたいことが達成されるような番組がいいんじゃないか、ということで、今回の形になりました。

この3人で情報番組をやってもしょうがないし、「3人がやりたいことって何ですか?」っていうのを聞いて回ろうと。収録の前に、アンケートと取材を何度もして出てきた答えが、スタジオトークで出てきます。

身長は変えられないけど、人生は変えられる!

――3人の“やりたいこと”“会いたい人”を聞いて、いかがでしたか?

やっぱり人生が出るんですよね。出川さんは「(東京・)渋谷のセンター街でロケしたい」って(笑)。今回は難しかったんですけど。

そこから「相席居酒屋に行きたい」「ディスコに行きたい」「ナイトプールに行きたい」っていう、非常に艶っぽいですよね(笑)。

田中さんは「ツチノコを探しに行きたい」「野生のオオサンショウウオを見たい」って。面白かったですね。

ただ、頂いたスケジュールが2日しかなくて。何カ月も前から、3人が合うスケジュールを探したんですが、どうしても2日しか取れなかったんですよ。

――3人がそろっただけでも奇跡ですが、今回はZOZO・前澤友作社長のスケジュールも奇跡的に取れたわけですね。

そう、奇跡なんですよ! 3人が全員、たまたま前澤社長の名前を“会いたい人”に挙げたので、ダメもとでオファーしたんですが、何と快諾をいただけて。

「身長は変えられないけど、人生は変えられる」がこの番組の裏コンセプトなのですが、それを前澤社長に提示したら、「僕自身もそのコンプレックスをバネにして頑張ってきた」とおっしゃっていただいたんです。

「起業家の方々も、小柄な方が多い。だから私もこのコンセプトに非常に共感します」って。

ただ、それだけじゃなく、きっと出川さん、田中さん、岡村さんのおかげだと思います。

前澤社長もシンパシーを感じてらっしゃったようですし、結果的に4人がそろったときのやりとりはすごく面白かったし。そういう意味でも、まさに奇跡が起こったんですよね。

3人の意外な一面が続々と明らかに!

――実際に収録してみて、面白かった部分はどこですか?

最初のスタジオトークですね。この3人での共演は初めてなんですが、すごく息の合ったコンビネーションで。今までトリオとして活動してたんじゃないかって思ってしまうくらい(笑)。すごいなぁと感じました。

田中さんが2人にツッコんでいくのかと思ってたんですけど、そういうことでもない。田中さんって意外と不思議な人で(笑)。

よく、太田(光)さんの方がモンスターだって言いますけど、太田さんも「田中の方がひどい」って言ってるんです。そういった部分が今回表現できたんじゃないでしょうか。

出川さん、岡村さんがそのあたりをうまく引き出していましたね。

――出川さんと岡村さんの新たな一面はありましたか?

岡村さんはやっぱり結婚相談所での姿が、なかなか他では見られないものになったと思います。

出川さんは、3人の中で一番先輩なので先輩として引っ張ろうとするけど、なかなかうまくいかないっていう。そこは新たな一面ではないですけど(笑)、意外と“兄貴”としての一面も見せるんです。

そういう、他では見られない関係性がここでは出ますよね。

この3人が愛らしいと思える番組です

――前回のインタビューでは、岡村さんが「久々にストロングスタイルの番組」とおっしゃっていました。長回しでの撮影はいかがでしたか?

僕も久々だなぁ~って思いました。2時間押して1ブロック飛ばしちゃう感じとか(笑)。

でも、このスタイルの方が皆さんの良さが出ると思うんです。ああでもない、こうでもないって言いながら、どこかで3人の気持ちがピタッと合って、前澤さんに会いに行ったりしちゃうのが面白いですよね。

あとは、3人とも非常にポップだなとあらためて思いました。日本を代表するポップキャラクターですよね。端的に言うと、かわいいんですよ。国民に愛されてきた方々だからでしょうね。

――第2弾も期待していいのでしょうか?

ぜひやりたいですね! 前澤社長も第2弾に乗り気でしたから。ぜひ第2弾は月に行きたいですね(笑)。何とか第2弾、第3弾と続いていけるように。

もっと言えば、レギュラー化もしたいですし、「(FNS)27時間テレビ」もいつかスモール3でできたら最高ですよね!

――最後に、視聴者へ向けて見どころをお願いします。

人生まだまだこれから何でもできるんだと、非常に勇気をもらえる番組だと思いますし、単純にこの3人が愛らしいと思える番組です。ぜひご覧ください!(ザテレビジョン)

元記事で読む