1. トップ
  2. 「LIFE!」総合演出に聞いた!ドラマ制作秘話『題材は忍者しかないと思いました』<忍べ!右左エ門>

「LIFE!」総合演出に聞いた!ドラマ制作秘話『題材は忍者しかないと思いました』<忍べ!右左エ門>

  • 2018.12.19
  • 269 views
3人で江戸城に忍び込む序助(中川大志・左)、長次(古田新太・中央)、右左エ門(内村光良・左)
(C)NHK

【写真を見る】堤真一、ムロツヨシの共演シーンにも注目!

12月19日(水)にスペシャルドラマ「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」(夜10:00-11:10、NHK総合)が放送される。

同作は、コント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」のスタッフ、キャスト陣が制作する時代劇コメディー。

元忍者の右左エ門(内村光良)は、かつての忍者仲間の長次(古田新太)から、息子の序助(中川大志)の結婚相手・おこと(永野芽郁)の生き別れた父親(堤真一)捜しを頼まれ、久々に忍者業をすることに。おことの父親が江戸城に囚われていることを突き止めた右左エ門は、長次、序助と共に救出に奔走するというストーリーだ。

本格アクションあり、ホロリと泣ける(?)人情話あり、ハチャメチャなお笑いありの本作が、いかにして生まれたのか。普段のコントでは総合演出を務め、本スペシャルドラマでも演出を手がけている西川毅氏に語ってもらった。

――「LIFE!」の制作チームでドラマが作られることに、とても驚きました。制作決定の経緯と、決定当時の率直なお気持ちをお聞かせください。

コントを制作しているうちに、長尺のコメディーにも挑戦したいという思いが膨らみました。それも、例えばディズニー映画のように子供も大人も満足できるドラマに。

「LIFE!」のコント作家の一人である倉持裕さんとプロットを考えて提案したところ、企画が通り、制作に至りました。

ドラマの撮影はコントと違い長丁場、持久力勝負のところがあります。新しいことに挑戦する高揚感はありましたが、慣れない長丁場を乗り切れるかどうか、不安感もありました。

――なぜ、忍者を題材にした時代劇を描くことになったのでしょうか?

現代的な設定での笑いは「LIFE!」でやっているので、そことは差別化をしたかったです。

また昔は、現代とは違いなにかと不便です。そのことが笑いの仕掛けにもなるので、時代劇はコメディーに向いていると思っていました。

また、今回の作品は親子で楽しめることを目指しています。忍者は、子どもたちはもちろん、その神秘性から大人たちをも惹きつける魅力があります。笑いの観点からもスパイものは緊張感を作りやすいので題材としてはうってつけです。そう考えると忍者しかないと思いました。

――できあがった台本を読まれた時、どのような印象を受けましたか?

倉持さんとプロットを作っている時は、撮影のことはあまり考えませんでした。そこを考えると発想が小さくなる懸念があったので。無邪気にあれもこれもという感じで、楽しいと思うものを詰め込みました。

しかし、台本にして、いざ現実的に撮影のことを考えたら夢から覚めたと言うか…右左エ門たちの江戸城の侵入を阻む仕掛けやからくりの多さ、アクションシーンの数々。「これは撮影が本当に大変だな…ヤバいな…」と変な汗をかきました。

内村光良の本格殺陣アクションも見どころの一つ!
(C)NHK

いろんなアクションが一視聴者として見たくなりました

――本格的なアクションを取り入れたのは、どのような狙いがあったからなんでしょうか?

身体的な動きで笑いを生むことは、内村さんの十八番(おはこ)です。

それもあってアクションシーンが展開できる忍者を題材に選んだところはありました。しかしキャスティングを進める内に殺陣が素晴らしい堤真一さん、古田新太さんが決まり、もっといろんなアクションが一視聴者として見たくなりました。さらに中川太志さん、伊藤健太郎さん、ムロツヨシさん、彼らのアクションもきっと見たいだろうと…その結果、作品全体にアクションが散りばめられるという形になりました。

コミカルだったり、シリアスだったり、それぞれのキャラクターに合わせたいろんなアクションが展開されます。そこは見どころの一つだと思います。

――本作では、じろう(シソンヌ)さん演じる「大奥・黄金の方」や、田中直樹さん(ココリコ)演じる「下衆屋西之丞」など、「LIFE!」のコントキャラクターを思わせる人物が、随所に登場しています。これは「LIFE!」ファンにはたまらない演出だと思いますが、西川さんからのご提案だったのでしょうか?

正確には、「LIFE!」のキャラクターの先祖です。なので、新キャラです。

“LIFE!スペシャル”なので、印のようなものを登場させたいというプロデューサー・山之口(明子)からの提案でした。倉持さんには、「LIFE!」ファンはもちろんですが、そのキャラクターのことを知らなくても楽しめるように登場させてほしいとお願いしました。

――物語のきっかけを作るおことを演じる永野芽郁さんは、9月に放送された連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)とのコラボコントでのご出演も印象的でした。改めて起用の決め手を教えてください。

堤さんの娘役のおことは、物語で重要なカギを握っています。忍びを忌み嫌う右左エ門にもう一度、忍びの世界に足を踏み入れることを決意させる存在です。そのため、演技力はもちろん「この子のためなら!」と思える存在感のある人にお願いしたかったんです。

永野さんは、忙しいでしょうし、簡単には受けてくださると思っていませんでしたが、オファーしたところ快諾いただけました。映画「俺物語!!」(2015年)から永野さんに注目していた内村さんも大変、喜んでいました。

「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」シーンカット
(C)NHK

笑いは一要素になります。そこは大きな違いです

――コントとドラマの演出で、違いを感じた点、あるいは変わらないと感じられた点はありますか?

コントもドラマもリアリティーをデフォルメしたものだと思うのですが、その度合いがやはりコントの方が大きいと思います。また、コントは笑わせることが第一目的で、すべてがそれに向かっていきますが、ドラマは決してそうではない。視聴者のいろんな感情を刺激しながらストーリーを展開していくので、笑いは一要素になります。そこは大きな違いです。

とは言っても、今回の作品はコメディーなので普通のドラマに比べれば、やはり笑い成分は多めだとは思います。

――内村さんをはじめとするキャストの皆さんの演技にも、コントとドラマで違いはあるのでしょうか。

演技に対しての考え方やアプローチは、俳優とか芸人とか関係なく、個人レベルで違います。

私には何が正解かなんて到底わからないので、「どういうことを大切にしてその演者が演技と向き合っているか?」ということをできるだけ早く感じ取って、邪魔をしないことが演出の仕事だと思っています。

そういう立場の人間から見て、みなさん、コントもドラマも同じように演技と向き合っていたように感じました。

――最後に、本作の見どころを教えてください!

今回の作品は、コントではなくドラマです。もちろん笑いもありますが、謎解きがあったり、アクションがあったり、心温まるエピソードがあったり、色んな楽しさを詰め込んだつもりです。子どもから大人まで幅広い世代の人の心深くまで届けばいいなと願っています。「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」をどうぞ、よろしくお願い致します。(ザテレビジョン)

元記事で読む