やめないとパサパサ髪に泣く。「NGヘアケア」7パターン

【1】シャンプー前は髪を軽く濡らすだけ

髪をさっと濡らした後、

すぐにシャンプーをつけてはいませんか?

軽視してはいけないのが、

【シャンプーをつける前の濡らし方】

#1分以上、ぬるま湯でしっかり髪と地肌をすすぐのがポイントです。

実はこの段階で、髪の汚れの7~8割は落ちるのだとか。

髪についた皮脂や整髪料などを

しっかり落としておくことで、

シャンプーの泡立ちもぐんと良くなります。

【2】頭皮に爪を立ててゴシゴシ洗う

シャンプーをする時は、

指の腹でやさしく頭皮を動かすようにして洗いましょう。

爪を立ててゴシゴシ洗うなんてもってのほか!

デリケートな頭皮を傷つけてしまいます。

頭皮は普段の生活であまり動かさない部分なので、

やさしく動かすだけでも十分に血行が促進されます。

マッサージ効果により

顔の血色や肌の調子までアップするという、

うれしいおまけも。

【3】髪の根元からトリートメントをつける

髪の根元からベタッとトリートメントをつけてはいませんか?

トリートメントを地肌にべったりつけてしまうと、

頭皮の毛穴詰まりの原因にもなりかねません。

また、髪は毛先のほうがより傷んでいるため、

地肌ケア用のトリートメント以外は、

地肌を避けて【毛先を中心】につけるようにしましょう。

まず髪の中間から毛先に向けてたっぷりつけた後、

全体に伸ばしてなじませるのがおすすめです。

【4】トリートメントは軽くすすいで終わり

トリートメント成分が髪に残っているほうが

しっとりすると思い、

軽くすすいで終わりにしている人も多いようです。

しかし、トリートメントやコンディショナーのすすぎ残しは、

頭皮のベタつきや毛穴詰まりを招いてしまいます。

特に地肌は重点的に、【しっかりすすぐ】のがポイントです。

【5】濡れた状態でブラッシングをする

濡れた状態は髪が最も、弱くなっています。

そんな状態で、強くブラッシングしてしまうと、

切れ毛や枝毛の原因になるので、

どうしてもブラッシングしたい時は、

荒めの物か動物毛の物にしましょう。

【6】髪が濡れたまま寝てしまう

髪の毛は濡れるとキューティクルが開き、

乾くと閉じる性質を持っています。

キューティクルが開いた状態の髪は、

摩擦に弱くとてもデリケート。

半乾きのままで寝ると、

キューティクルがはがれて髪の内部の乾燥が進行してしまいます。

どんなに疲れていても、きちんとドライヤーで

【乾かしてから寝る】よう心がけましょう。

【7】髪の紫外線対策をせず外出する

紫外線を浴びた髪は

キューティクルが薄くはがれやすくなり、

切れ毛や枝毛、パサつき、ヘアカラーの褪色といった

トラブルを招きやすくなります。

外出前には、洗い流さないトリートメントや

ヘアオイルをつけて保護するのがおすすめ。

頭皮の日焼けを防ぐため、

日傘を差したり帽子をかぶったりして

紫外線から守るのも効果的です。

最後に

参考になりましたでしょうか?

この、7つを心掛けるだけで、りっぱな【ホームケア】になりますので、是非試して下さい。

この記事を書いた美容師さん

吉田 太紀

はじめまして♪

《90日で髪を綺麗に》をコンセプトの

美容室AnFye for prco(アンフィフォープルコ)の

代表、ヘアケア美容師 吉田太紀です♪

HP: http://anfye.com

元記事を読む
提供元: airlyの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。