1. トップ
  2. 竹内結子主演ドラマの主題歌にYUKIが決定! 連ドラ主題歌は約6年ぶり

竹内結子主演ドラマの主題歌にYUKIが決定! 連ドラ主題歌は約6年ぶり

  • 2018.12.18
  • 710 views
約6年ぶりに連続ドラマの主題歌を務めるYUKI
KADOKAWA

竹内結子が主演を務め、2019年1月10日(木)にスタートする新ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系※初回は15分拡大)の主題歌にYUKIが起用されることが分かった。

【写真を見る】オープニングテーマに起用された新人のmiletって何者!?

本作は、情報を操作し、裏で社会を動かす“スピン・ドクター”を、日本で初めて題材にしたオリジナルストーリー。

危機管理を専門とする弁護士・氷見江(竹内)と、与田知恵(水川あさみ)や藤枝修二(中川大志)らが、情報操作や人心掌握といったテクニックを駆使し、クライアントを救うために奔走する。

YUKIは「スターマン・この星の恋」(2013年、フジテレビ系)以来、約6年ぶりに連ドラの主題歌を担当。

また、オープニングテーマを新人シンガーソングライターのmilet(ミレイ)が担当し、劇伴音楽をジャズバンド・SOIL&”PIMP"SESSIONSが務めることも発表された。

ハスキーかつ重厚感のある歌声!

オープニングテーマに起用されたシンガーソングライターのmiletは、2018年に音楽活動をスタートさせたばかりの新人アーティスト。

ハスキーかつ重厚感のある独特の歌声と、グローバルな存在感を放つソングライティングに定評がある。これが初めての連続ドラマへの楽曲提供となる。

なお、ドラマの演出は星野源、サカナクション、Perfumeなど数多くのアーティストのミュージックビデオのディレクションを手掛けてきた映像クリエーター・関和亮が担当。

斬新な映像と音楽の数々がどのようにドラマを盛り上げていくのか、注目が集まる。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む