1. トップ
  2. グルメ
  3. 創業200年、浅草の老舗「駒形どぜう」による“和”の新業態レストラン「SEN(セン)」雷門通りに誕生

創業200年、浅草の老舗「駒形どぜう」による“和”の新業態レストラン「SEN(セン)」雷門通りに誕生

  • 2018.12.17
  • 507 views

創業200年、浅草の老舗「駒形どぜう」による“和”の新業態レストラン「SEN(セン)」雷門通りに誕生

浅草で200余年の歴史をもつ老舗「駒形どぜう」の新業態レストラン「SEN(セン)」が、2018年12月20日(木)、東京・浅草にオープンする。

undefined
www.fashion-press.net

1801年創業、浅草の老舗「駒形どぜう」とは

「駒形どぜう」は、1801年、徳川11大将軍家済公の時代に創業したどじょう料理店。初代が始めたどぜうなべ、どぜう汁に加え、2代目が売り出したくじらなべなど、その味は明治・大正・昭和と関東大震災、戦争を乗り越え“江戸の味”の代表として一角を担ってきた。

新鮮なものだけを、最適な調理法で

これまで、素材全てにこだわり、生産者の顔が見える安全な食材のみを提供してきた「駒形どぜう」が、新業態としてスタートする「SEN」でもその姿勢は変わらない。その日の最も活きの良いものだけを提供する「お造り」、炭火で焼き上げ木の芽を散らした「魚の焼き物」、ほんのり柚子の風味を効かせた、肉汁たっぷりの「豚の味噌柚庵焼き」など、新鮮な食材を最適な調理法で調理した、唯一無二の味を提供する。

店内は、ナチュラルウッドの優しい空間

店内は、ナチュラルウッドを用いた優しい雰囲気。1階はカウンター席、2階にはスカイツリーを眺められるカウンターのほか、テーブル席も用意されている。

また、階段途中、左手側には京都伏見の北川本家で使われていた酒の樽の一部がモチーフとして飾られている。この酒蔵は、5代目がどぜうに合う日本酒を求め全国中を旅していた頃に出会ったもので、その時に巡り合った銘柄「ふり袖」が「SEN」でも提供される。

店舗詳細

SEN(セン)
オープン日:2018年12月20日(木)
住所:東京都台東区雷門2丁目18-13
アクセス:浅草駅から徒歩1分
TEL:03-5830-7611
営業時間:16:00~23:00(L.O 22:00)
席数:1階 7席 / 2階 45席

■価格例
お造り 1,200円~
ほうれん草と海苔の胡麻和え 500円
魚の焼き物 900円~
豚の味噌柚庵焼き 1,500円

元記事を読む