今気になるヘアカラー♪ワンメイクとハイライトはどっちがおすすめ?

ワンメイクカラーとは、文字通り一色で全体を染めるヘアカラーのこと。

ハイライトとは、細いメッシュを入れたデザインカラーのことです。

今回は、ワンメイクカラーとハイライトカラーの2つをご紹介します。

どちらも綺麗でかわいいヘアカラーばかりですので、お気に入りの色を見つけてくださいね。

今気になるワンメイクカラー&ハイライトカラー

ワンメイクカラー

濃すぎない色味で淡くくすんで、透け感を出してくれるグレージュカラー。

淡い感じの色味がトレンドとなってきているので、オレンジっぽさをなくしたい時は要注目です。

黒髪に近いヘアカラーを推奨しているオフィスでのおすすめのヘアカラーは、アッシュベージュカラーです。

黒だけど黒っぽく見せないカラーで、おしゃれな雰囲気を手に入れましょう。

ツヤ感とまとまりのあるヴァイオレットブラウンカラーは、暖色系カラーでとても人気です。

派手すぎずに色味をアピールできて、なおかつ女性らしさを感じさせてくれますよ。

黄色っぽくなりやすいのが気になるなら、アッシュ系にヴァイオレットを少し入れたカラーで綺麗に見せましょう。

少しヴァイオレットを入れる事で、黄色みをなくしてアッシュの色味を出してくれます。

自然で垢抜けた印象を与えてくれるスモーキーアッシュカラー。

ちょうど良いぐらいのくすみ感を出してくれるので、肌に透明感を与えてくれます。

くすみカラーが苦手な方には、フォギーベージュカラーがおすすめ。

ベージュカラーがメインですが、ほんのりとアッシュがくすみを出してくれて黄色感をなくした綺麗なベージュにしてくれます。

ハイライトカラー

グレージュカラーをベースに、毛先に動きが出るようにハイライトを入れたデザインカラー。

マッシュショートヘアなど、表面の髪の毛が長いスタイルで動きを出したい時におすすめです。

地毛風グレージュカラーに、細い筋上に見えるようにハイライトを入れています。

ポイントでハイライトを入れる事で、毛の流れよりも動きが重視されハイライト感がアクセントになってくれます。

中間から毛先にハイライトが出るようバレイヤージュに、レイヤーを入れずに重めにカットしたヘアスタイル。

明度を変えて彩度を同じぐらいにすることにより、馴染みつつかわいい動きを出してくれます。

ロングヘアのウェーブスタイルに、細く細かいハイライトを馴染ませています。

光に当たるとハイライトの透明感が生まれて、ウェーブをより立体的に見せておしゃれに仕上げてくれます。

切りっぱなしボブヘアにもお似合いなのが、バレイヤージュで入れたハイライトカラーです。

バレイヤージュで入れることにより、始点が不揃いになり自然な感じのハイライトが浮かび上がってくれます。

前髪をかきあげたかっこいい雰囲気のボブヘアに、細いハイライトを細かく入れることで、よりクールな雰囲気になってくれます。

ハイライトカラーはアレンジアップスタイルとも相性が良く、とてもかわいい仕上がりになります。

ルーズに崩した髪の毛にハイライトが浮かび上がり、注目を集めること間違い無いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

ワンメイクカラーもハイライトカラーも、どちらも魅力のあるカラーでした。

なりたいカラーをイメージして、納得できるカラーを楽しんでみてくださいね。

元記事を読む
提供元: folkの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。