1. トップ
  2. ネイル
  3. ネイルに“きっちり感”が出せる♪スクエア系のカットスタイル

ネイルに“きっちり感”が出せる♪スクエア系のカットスタイル

  • 2018.12.14
  • 11096 views

ネイルのデザインは遊び心のあるものにしたいけれども、きっちりしたクールな印象もプラスしたいなと思った時は、爪のカットスタイルを変えてみましょう!スクエアやスクエアオフなど、スクエア系のカットスタイルは、指先に“きっちりした印象”を持たせるのにピッタリです。素敵なスクエア系のネイルデザインをいくつかご紹介します!

ネイルはデザインだけではなくカットスタイルも重要

ネイルをする際に、どんなデザインにするかはもちろん、どんなカットスタイルにするかでも指先全体の雰囲気は変わってきます。
ジェルネイルをサロンでしてもらう場合、特に何もオーダーしなければ基本はラウンドやオーバルスタイルに仕上げる方向で進めていくことになるでしょう。ラウンドスタイルはその名前の通り丸みが強調されており、ネイルベッドが大きい人に向いています。爪が小さかったり自爪を伸ばしている人には、楕円の曲線に近いオーバルスタイルがオススメ。爪の形が美しく見えることでしょう。

いずれにしても、ラウンドやオーバルはネイルにおける爪のカットスタイルの基本的な形になります。そんなカットスタイルに、丸さではなく直線的な角をプラスするだけで、ネイルの印象はクールな要素が強くなります。それを叶えてくれるのが、スクエアやスクエアオフのカットスタイルです。長さを出しても出さなくても、ラウンドやオーバルに比べて印象がシャープ寄りになります。

ワンカラーでもフレンチでも、スクエアカットにするだけでOK

スクエアやスクエアオフのカットスタイルはあくまでも爪を整える形のことなので、ネイルのデザインを限定的にする事は基本的にはありません。ワンカラーやニュアンス模様にしても、フレンチやバーチャルフレンチにしても問題はなく、カットスタイルがもたらすイメージの違いが楽しめます。

スクエアは文字通りフリーエッジの左右の角が四角になっているスタイルで、スクエアオフはその角が丸みがかっているスタイルを意味します。ラウンドやオーバルはネイル全体が柔らかな曲線で出来ているのに対し、スクエアやスクエアオフはフリーエッジの部分が直線(または直線に近いライン)で整えられているのが最大の特徴です。

カットスタイルを変えるだけで、同じネイルでも見え方が変わるのは新鮮ですよね。スクエア系のカットスタイルは、スカルプチュアをよくする人にとっては馴染みのあるカットスタイルですが、ジェルネイルだとオーダーしない限りなかなか出会えないカットスタイルでもあります。ショートネイルの需要が増えてきていることも、その要因の1つかもしれませんね。

ネイルはカラーやアートだけじゃなく形も大事!

皆さんは普段ネイルをするとなると、どんなカラーを使おうか、どんなデザインにしようかと考えると思います。もちろんそれらの要素はネイルの印象を決める重要なポイントになるのは言わずもがなですが、これからはネイルのカットスタイル=形にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

カットを変えるだけでも、カラーやデザインを変えるのと同じくらいネイルの印象や見た目を変える効果があります。次のネイルチェンジの際には爪のカットスタイルも込みでデザインを考えてみてはいかがでしょうか?ネイルがもっと楽しくなるかもしれませんよ♪


Itnail編集部

元記事で読む