1. トップ
  2. 【レピュブリック広場から 2】アンリエット・アッシュで愛のランジェリー。

【レピュブリック広場から 2】アンリエット・アッシュで愛のランジェリー。

  • 2018.12.14
  • 1836 views

アトリエ・クーロンヌのブティックから、シャトー・ドー通りをさらに進むとhenriette h(アンリエット・アッシュ)によるランジェリーのブティックが見つかる。偶然にもルイーズ・ダマスのジュエリー・コレクションと同じ名前だ。

ブランド創始者のサラ・スタリアーノによると、アンリエットというのは彼女のご主人の遠縁の女性の名前。苗字はイニシャルだけのHにして謎めかしている。このアンリエット・Hなる女性には愛人が大勢いたそうで、それがサラの気を大いにひいたそうだ。

サラ・スタリアーノ。

このブランドは、amour、oui、madameなど糸刺繍で愛のメッセージを刺繍した真っ白なショーツやキャミソールなどのランジェリーがメインアイテム。愛……それもmake loveの愛 である! メッセージのパーソナライズ・オーダーも可能(プラス5ユーロ)。

Calines、baise-moi、touche-moiといった、一歩進んだ(?)メッセージをサラは提案している。さあ、辞書を開いて意味を探してみよう。

愛に大胆で甘えん坊の女性のための真っ白なランジェリー。

ショーツはXSからLまで4サイズあり。価格は50ユーロから。ショーツと同じ薄手のコットン素材で、透けるシャツも作っている。

刺繍の位置は背中や袖口だったり、アイテムによって異なる。

ゴールドの糸の刺繍はクリスマスギフトにぴったり。ボーイフレンドにおねだりしよう!

彼女がブティックの扉にmaison ouverte(開かれた家)と書いたのは、その昔パリにあった娼館を意味するmaison close(閉ざされた家)との言葉遊びから。そして、そのアイデアの延長として、まるで“飾り窓”のように試着室が通りに面している。試着客は通り側のカーテンを閉めて、ということだが、店の奥にも試着室があるのでご安心を。

通りに面して、ブティックの左側が試着室だ。カーテンが閉まっていたら、誰かが試着中という合図。

店内。古い香水ボトルや本などで、ヴィンテージ・タッチを空間に演出している。

オリジナルのパフュームキャンドル。その名もAllumeuse(そそる女)! どんな香りだろう。

henriette h24 rue du Château d’Eau75010 Paris営)11:00(土 14:00)〜18:30(土 〜19:00)休)日・月www.henrietteh.com

元記事で読む
の記事をもっとみる