1. トップ
  2. 中島裕翔、織田裕二の“妥協しない精神”に感銘「勉強になりました」

中島裕翔、織田裕二の“妥協しない精神”に感銘「勉強になりました」

  • 2018.12.13
  • 761 views
中島裕翔が「SUITS/スーツ」をクランクアップ!
(C)フジテレビ

12月17日(月)に最終回が放送される織田裕二主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)で、弁護士・甲斐正午(織田)とバディを組む鈴木大輔役の中島裕翔がクランクアップを迎えた。

【写真】カメレオン俳優・磯村勇斗もクランクアップ!

同作はアメリカの大ヒットドラマ「SUITS」を原作に、勝利のためには手段を選ばない弁護士・甲斐と驚異の記憶力を持つ青年・大輔(中島)が、さまざまな訴訟を解決へ導く痛快エンターテインメント弁護士ドラマ。

織田、中島の他にも、新木優子、中村アン、磯村勇斗、今田美桜、小手伸也、鈴木保奈美ら豪華キャスト陣が集結し、激しい演技バトルを繰り広げて話題を集めてきた。

中島「撮影が日常の一部に」

撮影を終え、中島は「終わった気がしないですね、明日もまたこのチームや織田さんと会ってお芝居するんじゃないのかなというくらい、『SUITS/スーツ』の撮影が日常の一部になっています。

終わったんだと思うと寂しい気持ちもありますし、よくやり抜いたなと自分を褒めたい気持ちもあって複雑ですね。撮影当初は暑くて倒れそうでしたが、今は寒くて倒れそうです(笑)。

こんなに季節をまたぐとは思わなかったので、そう思うとスタッフさんの頑張りが身に染みて分かる現場でした」とコメント。

あらためて織田との共演については「織田さんの妥協しない精神を、現場で目の当たりにして勉強になりました。織田さんは、これまで自分が見ないようにしていたことに気付かせて下さった方で、少し生意気かもしれませんが、共に戦ってきた戦友のように感じています」と明かした。

一方、鈴木保奈美との共演については「保奈美さんは物事を俯瞰(ふかん)で見ていらっしゃって、保奈美さんに見透かされるとヤバイと思っていました(笑)。

例えば、お芝居で少しでも気分が乗っていないとバレてしまいそうですし、いろんなところを見抜かれてしまいそうで。良い意味で、本当にファームの代表だなと思いましたし、共演させていただいて厳しさみたいなものを教わりました」と、勉強になったようだ。

そして本作の撮影を通じて、印象に残っていることを「やっぱり織田さんとの初共演ですね。撮影をしていない控え室などで、織田さんが突然、セリフを言ってきて、よく即興劇を仕掛けられました(笑)。

アドリブなので、大輔っぽいセリフが出てくる時もあれば、そうでない時もあって、セリフが出てこない時は“まだまだだな”と思ったり、楽しみながらやらせていただきました」と明かす。

もし「シーズン2」の制作が決定したら「最終話の撮影を終えて、自分の中でもこの先を見てみたいですし、甲斐先生とのバディ感をもっと出していきたいと思っています。

連続ドラマはどうしても台本と時間に縛られてしまうので、良い原作だけに打ち合わせやリハーサルといった準備に時間をかけて、もっと練り上げていきたいですね」と展望。

最後にファンに向けて「『SUITS/スーツ』は原作ものですが、内容やキャラクターを日本版にローカライズして、“月9ドラマ”としてもすごく新しい作品になったように思います。

最後の最後まで楽しめる演出になっていると思いますので、ワクワクしながら楽しんでいただきたいです。ぜひ最後まで“幸村・上杉法律事務所”を見届けてほしいです!」とメッセージを送った。(ザテレビジョン)

元記事を読む