お肉を使わなくてもボリューム満点!「鮭のフィッシュバーグ」

「鮭のフィッシュバーグ」
料理:藤井恵 撮影:竹内章雄

ケチャップテイストを楽しむなら「鮭ハンバーグ」

魚をメインに据えたハンバーグは、低カロリーでボリュームたっぷり。骨を取り除いてからふんわりと仕上げているので、魚嫌いの子どもでもきっと喜んで食べてくれるはずです。中でも、ほどよく脂がのった鮭で作るハンバーグは絶品。

今回は、「鮭のフィッシュバーグ」を紹介しましょう。鮭は包丁で粘りが出るまでよくたたくと、たねがまとまりやすくなります。香りのよいおろししょうがを加えて、魚特有の臭みを消すのがポイント。焼き上がったら、しょうゆ、みりん、砂糖を混ぜた甘辛ソースをかけて、やさしい和風味を堪能してくださいね。

鮭のフィッシュバーグ

【材料・2人分】

たね(生鮭 2切れ、卵 1個、玉ねぎのみじん切り 1/2個分、おろししょうが 1かけ分、パン粉 1/2カップ、塩 小さじ1/4、こしょう 少々)、ベビーリーフ 1パック、ソース(しょうゆ、みりん、砂糖 各大さじ1)、サラダ油

【作り方】

1. たねの生鮭はスプーンで身をこそげ、包丁で粘りが出るまでたたく。ほかのたねの材料とともにボウルに入れてよく練り混ぜ、2等分にして小判形に成形する。鮭は皮に沿ってスプーンを動かすと簡単に身をこそげとれる。さらに包丁で粘りが出るまでしっかりたたくと、たねがまとまりやすくなる。

2. フライパンに油大さじ1/2を熱し、1を並べ入れて約4分焼く。上下を返し、ふたをして、さらに約4分焼き、取り出して器に盛る。

3. 同じフライパンにソースの材料を入れ、フライパンに残った汁と混ぜ合わせて火にかける。煮立ったら2にかけ、ベビーリーフを添える。

(1人分271Kcal、塩分2.4g)

鮭の切り身は、皮が銀色に輝き、身が深みのある赤やピンク色のものが良品。赤みの素になっている「アスタキサンチン」という色素は、光や酵素に当たると白っぽく変色します。白くなった切り身は鮮度が落ちているので、購入するのは避けましょう。

ケチャップテイストを楽しむなら「鮭ハンバーグ」
KADOKAWA

(レタスクラブニュース)

元記事を読む
提供元: レタスクラブニュースの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理