ブレイク必至! 美少女・黒木ひかり、アクションに挑戦!

2019年初夏公開予定の映画「キドラアローン」で初のアクションに挑戦した黒木ひかり
KADOKAWA

【写真を見る】拳銃を構えたポーズや表情が何とも凛々しい

ダンスボーカルユニット・GRoovyや女優・モデルなどで活躍する一方、AbemaTVの恋愛リアリティショー「オオカミくんには騙されない♡」も注目を集めた黒木ひかりが映画「キドラアローン」に出演。初めてのアクションに挑戦した。年明けには初主演舞台も控えた彼女に映画について、来年の目標について聞いた。

映画の中では鬼のような恐い表情ばかりしてました

──映画「キドラアローン」では初のアクションに挑戦しましたが、運動神経は良いほうですか。

「まあまあですね(笑)。ずっとダンスをやってきたし、体育の授業や運動自体も好きでした。でも、アクションは見せ方も大事だったりするので、難しかったです。回し蹴りとか跳び蹴りとか、なかなかやる機会がないですからね。ふだん使わない筋肉を使ったので、筋肉痛がすごかったです。だから、最近はジムに通って、いろんな筋肉を鍛え始めました」

──簡単にあらすじと役どころを教えてください。

「両親にコンテナに閉じ込められていたキドラという女の子が食料がなくなって出てくるんですけど、自分たちは平和だと思い続けてきた町の人たちが邪魔者が現れたことで豹変してしまうというお話です。実はその平和だと思ってたことも現実逃避だったんですけど。私の役柄的にはそんな荒廃した世界で悪い輩に襲撃されて、生き残った中の1人のジュリという女の子。一番下っ端ですけど、生き残ったっていうことは実は強いんじゃないかなと私は思ってます」

──ダイジェスト映像を見ても、にらみを利かせた表情が印象的でした。

「普通の女の子みたいな可愛らしいところはほとんどなくて、鬼のような恐い表情ばかりしてました。仲間が倒されたりしていく中でいろんな感情が出てきて、複雑な表情になってたと思います」

──監督から「怒る表情や追い詰められる表情が良かった」という声が。

「殴られたりするのが上手いみたいです(笑)。そこは撮影中にもほめられました」

──そんなシリアスな撮影をしている間は、カメラが回っているとき以外も役に入り込んでたりしませんでしたか。

「あー、顔が険しくなってたかも知れないです(笑)。撮影の前日とか特に。ちゃんとやらなきゃっていう気持ちがあったし、ヘラヘラしてたらジュリじゃなくなっちゃいますからね。いざ現場に入ったら、共演者の皆さんとにぎやかに過ごしてましたけど。カメラが回ると、空気がパッと変わる感じで」

──主演のキドラ役の塚崎湖都美さんの印象はどうでしたか。

「若いんですよ、まだ中学1年生。一緒に並ぶと『私、老けてるな』なんて思っちゃうくらい(笑)。すごくしっかりしてますよ。中学1年生のころの私、こんなじゃなかったななんて思います」

──ちなみに、中学1年生のころはどんな子でした?

「何も考えてなかったですね。勉強はしてましたよ、テストの点が悪いと先生に怒られるので。怒られるの嫌いなんですよ。だから、頑張る。ほめられて伸びるタイプですね。打たれ弱くて、怒られると凹みますけど、翌日には忘れてます(笑)」

──話は戻って、撮影中のエピソードはありますか。

「夏に撮影してたので、暑かったですね。でも、集中してたので、それほど暑さは感じなかったです。草むらの中の撮影があって、蚊がすごかったですね。あんなに蚊がいるのを初めて見ました」

──公開は少し先になりますが、撮影を終えて完成を待っているこの時期の心境はいかがですか。

「かっこよく映ってたらいいですね。アクションがたくさんなので。自分でも見るのが楽しみです。今までの作品もそうでしたけど、自分で見るのは勉強になりますね。ここはダメだったなとか、こんな顔してたんだとか。自分じゃないと思うくらい、客観的に見ちゃいます」

──作品を観るときに限らず、自分のことを客観視するタイプですか。

「客観視…しちゃいますね。冷静に見たら、自分ってどうなんだろうっていう風には考えちゃいます。人からどう思われてるか気にするわけではないですけど、自分はこれでいいのかなとは考えますね」

──客観的に考えた、自分の理想像はどんな感じですか。

「しょげない自分ではいたいですね。何ごとにも負けたくないし、ちゃんとしなきゃって思ってます。『何ごとも頑張ってほしいな、この子』なんて、客観的な目で。結果がダメだったとしても、やるべきことを頑張れば後悔はしないし」

【写真を見る】拳銃を構えたポーズや表情が何とも凛々しい
KADOKAWA

舞台と映像で演じ分けられるようになりたい

──現在はダンスボーカルユニット・GRoovyや女優・モデルなど、幅広く活動していますが、中でも女優は続けていきたい仕事の1つですよね。

「今はいろんなことに全力で挑戦したいですけど、お芝居はやりたいですね」

──AbemaTVで配信されていたリアリティショー「オオカミくんには騙されない♡」では「キドラアローン」とはガラリと違ったラブストーリーにも臨んでいましたね。

「ラブストーリーと言えば、ラブストーリーですかね。今回の映画みたいに固まった台本のある作品と違って台本がないのでなので、素が出ちゃったりしましたけど」

──年明け早々には初主演舞台「ヴァンパイアバンド・ファイナル!」も控えています。

「今まさに稽古中です。主演なんてちょっと責任重いですけど、基本コメディーなので、現場も和気あいあいとしていて、楽しくやらせていただいてます。血のりをいっぱい吐いたりしますけど、ホラーが苦手な人でも楽しめる作品だと思います。舞台と映像ではお芝居の仕方が違うので、そこをちゃんと分かった上で演じられるようになりたいですね。自分ではまだそこまではできてないと思うので」

──まもなく2018年も終わりますが、2019年の目標はありますか。

「2018年は新しい出会いやチャレンジが多くて、自分が大きく変化した年でした。モデルという職業に携わることができたことは、自分にとって一番大きなことでしたね。小学生のころからの夢だったので。しかも『LARME』という、素敵な雑誌に出させていただけて。来年はその経験を生かして、特技や自分のできることをもっと伸ばしていきたいです」

──特技や自分のできることを具体的に言うと?

「特技はダンスですね。あとは早口言葉がもっとできるようになりたいです(笑)」

──早口言葉ですか。それはまたどうして?

「滑舌が悪かったんですよ。早口言葉をちょっと練習したら、舌が回るようになったので、そこはもっと伸ばしたいです。何を言ってるか分からない人にはなりたくないですからね(笑)。どんなお仕事をするにもしゃべるっていうことは大事だし」

──それでは、最後に改めて映画「キドラアローン」のアピールをお願いします。

「やっぱり、アクションは見どころですね。私自身、カンフーアクションとか、いろんなアクションを学べました。そんな中、独特の世界観と登場人物が描かれた作品になっているので、皆さん是非観てください」(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理