1. トップ
  2. 「ハラスメントゲーム」主要キャストが撮了! 主演・唐沢寿明は続編に期待

「ハラスメントゲーム」主要キャストが撮了! 主演・唐沢寿明は続編に期待

  • 2018.12.10
  • 2319 views

唐沢寿明主演のドラマ「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系)が、12月10日(月)に最終回を迎える。

【写真を見る】1社長室でクランクアップした古川雄輝&広瀬アリスはカメラを前に清々しい笑顔!

「ハラスメントゲーム」がオールアップ! 出演者の古川雄輝、唐沢寿明、滝藤賢一、広瀬アリス(写真左から)
(C)テレビ東京

スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」のコンプライアンス室長・秋津渉(唐沢)が、さまざまなハラスメントに真っ向から挑んできた本作。最終回目前、主要キャストが次々とクランクアップを迎えた。

最終回のワンシーンを残し、主演の唐沢らよりも一足早く高村真琴を演じた広瀬アリスと矢澤光太郎役の古川雄輝が全ての撮影を終えた。

「マルオーホールディングス」の顧問弁護士・矢澤光太郎を演じた古川雄輝
(C)テレビ東京

西浦正記監督から花束を受け取ると、古川は「あっという間に終わってしまったんですが、楽しく演じさせていただきました。ありがとうございました!」とあいさつ。

誰に対しても物おじせず、芯のある“せんぱい”を好演した広瀬アリス
(C)テレビ東京

続いて、広瀬は「お疲れ様でした。たくさんご迷惑をおかけしましたが、本当に皆さん温かく見守ってくださってありがとうございました。すごく大変な3カ月でしたけど、本当に楽しかったです!」とコメントし、「皆さん、あとワンシーン頑張って下さい!」と、スタッフを気遣った。

座長もクランクアップ!

撮影のラストとなったのは、秋津渉役の唐沢と、丸尾隆文役の滝藤賢一のシーン。

オールアップとなった現場には、先にクランクアップした古川と広瀬がサプライズで駆け付け、2人に花束を手渡した。

古川から花束を受け取り、滝藤は「スタッフの皆さんのおかげでとても楽しく伸び伸びとやらせていただきました。あっという間の3カ月でした。また皆さんとお仕事できる日を楽しみにしています。どうもありがとうございました!」と笑顔を見せた。

そして、最後に広瀬から花束を受け取った唐沢は「やっぱりこうやって終わるものなんだなと...。本当に良い共演者とスタッフに囲まれて、良いドラマになったと思います。

西浦監督とは久しぶりでしたが、とても才能のある方だなと思いました。いろいろな意味で勉強になりましたし、本当にさまざまなことがありましたが、そんなに苦しくなく、楽しくあっという間に終わってしまいました。

これを機にパート2、パート3よろしくお願いします!(笑) ありがとうございました」と続編への期待を込めたあいさつで締めくくった。

最終回あらすじ

秋津(唐沢)の交渉により、ナスキーパートナーズ代表・横手(加藤雅也)に拘束されていた丸尾(滝藤)は、無事に解放されるが、買収に向けたマルオーへの攻撃はさらに激しさを増していく。

一方、品川店でカスハラ男・田端(迫田孝也)が暴れているという連絡が入った真琴(広瀬)は、現場に駆け付ける。(ザテレビジョン)

元記事で読む