宮野真守「自分らしく、そして声優らしく、盛り上げたい!」<めざましプレゼンター連載>

12月4日より「めざましテレビ」(毎週月~金曜朝4:55-8:00、フジテレビ系) 、7人目の“マンスリーエンタメプレゼンター”として宮野真守が出演している。

【写真を見る】めざましプレゼンターに挑戦する宮野真守の真剣な表情!

宮野は2001年に海外ドラマ「私はケイトリン」の吹き替えで声優デビュー。その後、「DEATH NOTE」(2006-2007年、日本テレビ系)や「機動戦士ガンダム00」(2007-2009年、TBS系)など、多くの作品で声を担当してきた。

最近では俳優としてミュージカルに出演したり、2008年より歌手活動を行ったりと、幅広い活躍で注目されている。

そんな彼の初めての“マンスリーエンタメプレゼンター”としての出演に密着。収録後に、感想や今後の意気込みについて聞いた。

「めざましテレビ」12月の“マンスリーエンタメプレゼンター”を務める宮野真守
撮影=阿部岳人

――初回の放送を終えた感想を教えてください。

みんなには「(緊張が)うそだ!」って言われたんですが、本当に緊張しました。打ち合わせはたくさんさせてもらったのですが、どんな景色が目の前に見えるのか、全然想像がつかなかったです。

テレビの出演経験があまりないので、「どのカメラを見るか」、「どこに指示が出るのか」、「何秒で話せば良いのか」など、すごく考えました。

本当に緊張していたんですが、感想などをお伝えする場所があって、スタジオの皆さんが優しく反応してくれて。その掛け合いでどんどんほぐれていきました。

やはり「生ナレーションは失敗できない」という緊張感があったんです。あまり生でナレーションを読むことはないですが、「宮野さんにぜひ」と言ってくださったのでチャレンジしました。今後も声をなりわいにしている者として、自分にできるパフォーマンスで盛り上げられればと思っています。

映画 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」 で吹き替えも務める宮野真守
撮影=阿部岳人

安心して出演できました!

――“マンスリーエンタメプレゼンター”として出演が決まったときの心境はいかがでしたか?

最初は、自分が生放送に出演してプレゼンターをするというお話に驚きました。ゲストではなく、番組側の人間としてお伝えするのか…と。その役割は、僕なんかで大丈夫かなって思ったんです。

ですが、「めざましテレビ」さんは、僕のことを何度も特集してくださっていて、スタジオには以前、取材をしていただいた軽部(真一)さんがいらっしゃって。スタジオに立つ前から迎え入れてくれる空気感があったので、大丈夫だろうと安心して出演できました。

――これまでの生放送の番組での経験は生かせましたか?

今までは、自分を紹介していただいたり、歌わせていただいたりというゲストとしての立ち位置だったので、今回と雰囲気は全然違いました。ですが、これまでの生放送に出演させていただいた経験は、お伝えする役割ではなかったにしろ、生放送であるという心構えは持っていけたかなと思います。

――初日の出演に向け、準備されたことはありましたか?

これまでマンスリーエンタメプレゼンターを務めてきた方々のVTRを改めて拝見しました。どのように番組を進行していたかを、僕なりに勉強させていただいて、プレゼンターは「“一言でまとめる力”が必要とされるのかな?」と思いました。

例えば、歌広場(淳)さんがドカンと笑いを取っているのを見て、「こうやって振られた時、僕なら何ができるかなぁ」とシミュレーションしたり、ドキドキしていましたね (笑)。

――「めざましテレビ」は朝が早いですが、朝は強いほうですか?

いや、それが全然(笑)。もちろん朝が早い仕事もありますが、オフのときは、気付いたらお昼ってこともあります。声優のお仕事は家での作業も多いので、どうしても夜まで作業することが増えてしまうんですよね。

【写真を見る】めざましプレゼンターに挑戦する宮野真守の真剣な表情!
撮影=阿部岳人

軽部アナにほっこり!

――では、一緒にエンタメニュースを紹介する、軽部アナウンサーに対する印象はどうでしたか?

「子供のころから見ている人」というイメージです(笑)。初めてお会いしたときは、「わぁ本物だぁ!」って思いました。

初めて取材していただいたときも、物腰の柔らかさや気遣いに、本当に感謝の気持ちでいっぱいだったんです。そのときも、滞りなく進められるように、優しくアプローチしてくださいました。

今回の放送では、その経験もあったので、より掛け合いをスムーズにできた部分がありました。軽部さんのおちゃめな部分もたくさん見られたなと思っています。軽部さんがオフでもいじられているのを見てほっこりしました。

――「めざましテレビ」を通して、ご自身から発信していきたいことはありますか?

今回(12月4日)の放送では、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が映画のランキングに入っていたので、「(自身が務める)吹き替えではこうしています」というお話ができました。

このように、声優のお仕事、アニメや吹き替えでのエピソードもお伝えできればと思っています。

――ワッフルの食リポにも挑戦されていましたね。

食リポの経験はほとんどなかったんです。「難しそうだな」とか、「どういう言葉を使ったらいいんだろう」って、はたから見ているといろいろ考えるんですが、今日は本当においしくて(笑)。一瞬の食リポだったんですが、そのままの感想を伝えたら、永島(優美)アナが応えてくださって、楽しくリポートできました。

安心して出演できたという宮野真守
撮影=阿部岳人

うますぎる「大迫半端ないって!」にスタジオ大爆笑!

――今回のプレゼンター挑戦で新しい発見はありましたか?

たくさんありました。原稿を読むにしても、目線がすごく難しいなと感じて。見られている姿って、想像するしかないんですよね。モニターには映っていますが、その見られ方や、目線がどこにいっているのか、今どのカメラが抜いている瞬間なのかというのを、まだ僕は瞬時に理解できていなくて。

そこはもう少し注意していきたいと思います。今回の放送でも、カメラに抜かれたときに、一瞬下を向いちゃったなという瞬間がありました。

やはり声優のお仕事をしているときとは、見られ方が違いますね。ドラマや映像のお仕事もまた違う、生で流動的に変わっていくカメラワークが新しい感覚でした。

――プレゼンターへの挑戦を、どのようにご自身の活動につなげていきたいですか?

僕は、求められたときに、自分にできることを追い求めて、最大限パフォーマンスできればいいなと思って活動してきました。

それが、今回ありがたいことに、「プレゼンター」につながったので、ここからも自分が何かでまた求めてもらったときに、積極的に足を踏み入れていきたいと思っています。

――今回の出演で印象的だった場面は?

声優らしく「ここでこういうボイス」、「ここでこういう雰囲気のせりふ」というのを事前に打ち合わせしていましたが、想定していなかった「大迫半端ないって!」が一番ウケましたね(笑)。やろうとしていなかったことでも、生放送ではいかに対応するかが、大事だなと思いました。こういうところをも拾ってもらえて、膨らませていけたので、ありがたかったです。

――今後の放送に向けて、意気込みをお願いします。

朝の情報番組でプレゼンターをさせていただくという、自分でもまさかまさかの大役を頂きました。声優の僕が、情報番組でエンタメを紹介するということで、「どういうふうに皆さんに届けられるかな」、「自分の特徴って何だろう」と最初はいろいろ考えました。ですが今回の放送で、すごく楽しく収録できて、自分の色も出し、届けられたかなと思います。朝から皆さんに元気になってもらうため、自分らしく、そして声優らしく、これからも盛り上げられたらと思っています。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理