“三角のポーズ”が上達!「内腿の筋肉」の仕組みを理解しよう

undefined
Cover image by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

三角のポーズは「内腿の筋肉」を適切に使って習得!

股関節から膝下をつなぐ内腿の薄筋がしなやかに伸びると、股関節が大きく開くように。背中がしっかり伸び、ポーズのアライメントが安定します。

内腿の筋肉とは...

内腿の内転筋群のなかでも、特に柔軟になるのは「薄筋」。恥骨~膝下をつなぎ、開脚すると内腿でピンと張る細長い筋肉。

内腿の筋肉が柔軟になると...

内腿の筋肉が柔軟になると、脚をピンと伸ばしたまま股関節が開けるように。外旋(※)の動きも連動させるとポーズが決まります。

※脚をひねったり、高く上げるポーズを助けるのが外旋。

内腿の筋肉の仕組みをCheck!

内腿の内転筋群は、大腿骨の内側にある筋肉5つの総称。このうち開脚でつらく感じるのは薄筋で、恥骨~膝下をつなぐ細長い筋肉。

内腿の筋肉
内腿の筋肉の名称/Illustrations by Misako Nakagawa

内腿の筋肉が使えていないと...

内腿の筋肉が十分にストレッチされず、伸ばした足先も外旋しづらいために上体が前傾。

三角のポーズのNG
三角のポーズのNG/Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

内腿の筋肉を適切に使った「三角のポーズ」のやり方

脚を大きく開いて右足先を真横に向け、両手を真横に。そのまま上体を右へ倒し、手を床に&目線は真上の左手に。5~10呼吸で反対側も。

POINT:右胸を上にねじって胸をしっかり開く。下のわき腹は縮まないように伸ばして、背中を真っすぐにキープ。

三角のポーズ
三角のポーズ/Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

内腿の筋肉を適切に使えると...

内腿の筋肉が伸びると股関節から上体がしっかり起こせる。足指の付け根で踏みしめて。

応用ポーズ:手を後ろで組んだ三角のポーズ

内腿の伸びがさらに必要。上体は前傾させず、後ろにもたれかかるように背中を伸ばして。

HOW TO:大きく開脚して右の足先を真横に&膝を曲げ、右手をくぐらせて左手をつかむ。右膝を伸ばし5呼吸キープ。反対側も。

POINT:内腿の薄筋や太腿の前後も伸ばし上半身を開く。

手を後ろで組んだ三角のポーズ
手を後ろで組んだ三角のポーズ/Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

教えてくれたのは...キミ先生
スタジオ・ヨギー エグゼクティブ・ディレクター。2007年より指導者養成コースの構築、指導&ディレクションを担当。米国500時間アライアンスE-RYT500講師。近著に『いちばんよくわかるYOGAポーズ全集』(学研プラス)。

モデルを務めたのは...島袋聖南さん
人気番組『テラスハウス』に出演後、モデルとして雑誌やショーなどで活躍。スタイルブック『I am SEINA』(宝島社)も好評発売中。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Kosuke Hori(+nine)
Illustration by Misako Nakagawa
Edit&text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.53掲載

元記事を読む
提供元: Yoga Journal Onlineの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
筋肉を強くする! ビタミンDの摂取量を増やせばフィットになれる?
体の健康にビタミンDがとても重要なのは周知の事実。ビタミンDが不足すると免疫力が低下し、疲れがたまり、異常なまでに汗をかき、気分がひどく落ち込む。しかも、ビタミンDはフィット女子にとって必要な栄養素でもある。この内容をオーストラリア版ウィメンズヘルスからご紹介。
Women's Health
魔法のように貯まる!? 貯金を殖やす、ふたつの「仕組み」とは
毎月ひとりずつ、読者の皆さんにお財布の中身や家計簿を公開していただくGINGERの人気連載「MONEY事情」。取材をしていると、貯金額が1,00...
GINGERweb
「たるまない顔」が実現!顔の筋肉に働きかける画期的な美容液
誰よりも早くコスメの新作情報を入手したり、数多くのアイテムをお試ししているGINGERビューティ担当者たち。日々更新されている美容データのなかか...
GINGERweb
やっぱり筋肉をつけるのがベスト? 「代謝アップするという噂の真偽」を検証!
ダイエットを成功させるためのキーワードといえば、代謝アップ。基礎代謝が高ければ高いほど何もしていないときでもカロリーを多く消費できるため、いわば「お得な体」に。そこでUK版ウィメンズヘルスは、巷でよく聞く代謝アップ法が本当に効くのかを徹底調査。
Women's Health
“戦士のポーズⅢ”が上達!「ハムストリング」の仕組みを理解しよう
苦手意識を持っていたポーズも筋肉の仕組みを理解するだけでマスターしやすく♪「スタジオ・ヨギー」のキミ先生に、ハムストリングを適切に使った「戦士のポーズⅢ」の習得方法を教えていただきました!
Yoga Journal Online
武田真治の筋肉にスタジオ&ネット上が騒然「腹筋かっこよ」
11月26日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ系)に、武田真治が登場。自慢の筋肉についてのエピソードを明かした...
ザテレビジョン
大きな筋肉を鍛えて代謝アップ!全身やせに効果的なトレーニング
全身やせに効く「ウォーリアスリーのポーズ」 ヨガの「ウォーリアスリー」というポーズをもとにした耐筋トレーニング。 片脚立ちの状態でバランスをとるために、腕、背中、お尻、脚など全身の筋肉を使います。また、両腕を前に伸ばして […]
fytte
前腿と上半身の筋肉がゆるむ!「弓のポーズ」が楽になる3つのワーク
体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「ダヌーラーサナ」(弓のポーズ)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 人気ヨガインストラクターの芥川舞子先生に教えてもらいました。
Yoga Journal Online
後屈ポーズにご注意!安全な後屈のために意識すべき筋肉とは
ヨガをしていて体を痛めてしまったことはありませんか?せっかく健康のためにヨガを始めたのに怪我をしてやめてしまったら悲しいですよね。後屈系は特に、無理やり行うとけがをしてしまいがち…。けががないようにヨガを楽しむために覚えておきたい大切な筋肉とはどこでしょうか?
Yoga Journal Online
ツラい肩こりが楽になる!肩甲骨まわりの筋肉を鍛える簡単エクササイズ
2人に1人が悩んでいるといわれる肩こり。そんな肩こりは「肩甲骨」とその周りの筋肉に深い関わりがあるのを知っていますか?背中の多くの筋肉が絡み合う位置にある肩甲骨をしっかり動かすと、背中から肩までの全体をほぐすことにつなが […]
Sheage
開脚に必要な筋肉を鍛えてほぐすメソッド
股関節の動きをスムーズにするためのほぐしメソッド。人気ヨガ講師の柳本和也先生に教えてもらいました!
Yoga Journal Online
痩せやすい体に変わる? 筋肉を目覚めさせるポーズとは?
今の自分の“体幹”の状態をチェックできるポーズをご紹介! 使い切れていなかった体幹の筋肉、意外と多いかも!?
anan web
ゴールにたどり着けない理由|スタンフォード大教授が語る「目標達成」の仕組みとは
目標を設定しても途中で挫折してしまうなら、そこにはなにか理由がある。ゴールへ向かうことを邪魔しているトリガーが何かを知ることは、ゴールまで歩いていくために必要だ。ヨガ指導者であり、スタンフォード大学で心理学を教えるマクゴニガル博士に「目標達成」の仕組みを解説してもらった。
Yoga Journal Online
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理