1. トップ
  2. インテリア
  3. 北欧インテリアってどんなの?お家をナチュラルな北欧インテリアにするコツをご紹介♡

北欧インテリアってどんなの?お家をナチュラルな北欧インテリアにするコツをご紹介♡

  • 2018.12.5
  • 23067 views

北欧インテリアというと、なんとなくイメージは出来ても言語化するのは少し難しい印象がありますよね。

実際お家のインテリアを北欧調にしようとしても、どう手を加えていけばいいのか分からなくなることも。

そこで今回は、そんな北欧インテリアを叶える為のコツをご紹介していきます♪ポイントを掴んで、北欧のムードをお家に取り入れましょう!

北欧ナチュラルなお部屋づくり

快適で居心地がよくホワイトベースの空間

北欧では日本よりも夜が長い傾向があるので、お部屋全体が白やグレーなど光をより明るく見せてくれるものが多いんです。

特に壁や床が明るい色だと、他の色味を加えた時にグッと引き立ててくれます。

加えて、日照時間も少なく家で過ごすことが多い地域でもあるので、長く過ごすことになるお家の中の空間を『快適で居心地の良いものにする』というのが北欧インテリアの基本の心構えです♪

優しい照明もポイント

冬といえば暗くて寒い、と思いがち。

そんな暗さを吹き飛ばすべく真っ白で強い光を、となりそうですが北欧の照明はあくまで優しいのが特徴です。

自分にとって居心地の良い明るさも追及してみてくださいね。

柔らかな明かりは寝室との相性が◎

優しい照明を心掛けて、目を悪くしてしまうと生活を楽しめなくなってしまいますよね。

柔らかな明かりを使いたい場合は寝室に使用するか、サブ照明を用意しましょう。

棚の上は楽しく!

パッと目につく棚の上は、見ているだけで楽しくなるように飾ってしまうのも北欧風。

厳しい寒さに耐えて帰宅した時、こんな玄関にお出迎えしてもらえればそれだけでホッとしますよね。

居心地の良いシンプルさとナチュラルな暖かさ

インテリアを北欧風にするカギの一つは木製の家具にあります。

スタイリッシュでやや無機質な素材を選ぶよりも、自然界の暖かさを感じられるようなお部屋にすることが重要です。

又、シンプルさも重要ですが、物を極限まで減らしたミニマリズムとは若干系統が異なります。

照明や時計、目につくものにちょっとした遊び心をプラスした居心地の良いシンプルを目指しましょう♪

幾何学模様を取り入れて

北欧風インテリアといえば、時にビビットな差し色や幾何学模様を取り入れることも重要なポイント。

こちらは、幾何学模様のクッションを置いていますね。

お花のある生活を

寒さが厳しい北欧だからこそ、お花を飾る心の余裕は忘れません。

こちらの写真左側の花瓶は、デンマークを代表する陶器メーカー・Kahlerのもの。

職人さんのこだわりが見えますね。

居心地よく暮らす場所

どんなに『北欧風』に拘ったとしても、最終的には家に住む人の気持ちが一番大事です。

北欧風という言葉にとらわれ過ぎず、お家を一番リラックスできる大切な場所にしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

北欧のナチュラルなインテリアのポイントは、あたたかみのある木製家具や柔らかな照明にあるようですね。

でも、一番は『家で過ごす人全員がくつろげる空間づくり』という点です。

是非、皆さんのお家にも取り入れてくださいね☆

元記事で読む