1. トップ
  2. 「LJK」「フロリダ」って何? 明石家さんまが“若者言葉”に苦戦

「LJK」「フロリダ」って何? 明石家さんまが“若者言葉”に苦戦

  • 2018.12.4
  • 204 views
12月4日(火)放送の「踊る!さんま御殿!!」に豪華ゲストが集結!
(C)NTV

12月4日(火)放送の「踊る!さんま御殿!!」(毎週火曜夜7:56-8:54、日本テレビ系)に、昭和生まれの芸能人と平成生まれの芸能人が集結し、トークを展開する。

【写真を見る】すっかり大きくなって…! 子役時代以来8年ぶりの登場となる濱田龍臣

昭和生まれはスピードワゴン・小沢一敬、三四郎、立川志らく、デヴィ夫人、西川史子、吉田沙保里選手が、平成生まれは朝日奈央、土屋怜菜、那須川天心選手、西野未姫、濱田龍臣、ゆきぽよが登場し、互いの意見をぶつけ合う。

中でも子役時代以来8年ぶりの登場となる濱田の成長ぶりに、明石家さんまは驚きを隠せない。

そしてフロイド・メイウェザー・Jr.選手との対戦が控えている那須川選手が初登場。

格闘技にも精通しており、那須川選手の登場に興奮するさんまだが、ゆきぽよは全く知らない様子で、ポカンとする。

そこで「メイウェザーのすごさを家電で例えたら?」「メイウェザーに勝ったらどういうことかを野菜で例えると?」と三四郎・小宮浩信に次々とむちゃぶりし、ゆきぽよにも分かるように(!?)紹介していく。

同じく初登場の現役女子高校生・土屋は「LJKです」と自己紹介。土屋によると、女子高校生(JK)の呼び名はFJK、SJK、LJKに分かれているというが、昭和生まれはちんぷんかんぷん。

さらに、最近若者たちの間で使われているという言葉「フロリダ」の使い方をさんまが推理する場面も。

一方、平成生まれは「テレホンカード」「ファミコン」が分からないと告白し、昭和生まれをあぜんとさせる。

世の中は白と黒だけだった?

また、「うんざりする若者・おじさんおばさんのあるある言動」「世代ギャップにショックを受けたとき」というテーマでは世代間バトルが発生。

土屋と小宮の「スマホで映画は泣けるかどうか」論争や、デヴィ夫人とゆきぽよのスカート丈を巡る争いが繰り広げられる。

そんな中、立川志らくは18歳年下の妻から「小さい頃、色はあったの?」と質問されたことを明かす。

写真やテレビが白黒だった時代、志らくの妻は世の中全体が白と黒のみだったと思っていたという。志らくが「いつから色が付いたと思ったの?」と尋ねると、その答えは驚きの発想だったようで…。

そして、トーク中に近況を聞かれた吉田選手は「婚活中です」と堂々宣言。他のゲストたちからも「きれいになった」と声をかけられるが、全く進展はなく、誰ともデートしていないことを明かす。

その流れでさんまから東京五輪の話になり、吉田選手が今後について意外な言葉を放つ場面も。

本番組ではさんまの爆裂トークが名物となっているが、世代間トークはさんまの大好物。いつも以上に“大暴れ”なさんまの姿に爆笑の予感だ。(ザテレビジョン)

元記事で読む