1. トップ
  2. レシピ
  3. 3Dプリンター×食!?育てて食べる未来のカジュアルフードとは?

3Dプリンター×食!?育てて食べる未来のカジュアルフードとは?

  • 2015.3.9
  • 698 views

最近はデザインだけでなく、建築や医療などへも領域を広げている3Dプリンターが、私たちの食にも革命をもたらすかもしれない。

ドイツのデザイナー、Chloe Rutzerveldさんが発表した「Edible Growth」は、3Dプリンターで未来の食を作るプロジェクト。

植物の種などを含んだパンのような生地を使い、鉢の代わりとなる土台を3Dプリンターで製作。

数日後、上部の小さな穴からキノコや野菜が出てきたら食べ頃だ。

Chloeさんは、「こうした研究所やラボなどで作られる食べ物は美味しくないし、健康的でもないというイメージがあるかもしれない。でも“Edible Growth”は自然で美味しく栄養価も高いうえに、デザイン的にも優れていると思う」と話す。

この技術が一般的になれば、まさにガーデニングのような感覚で、自宅で好きなキノコ類や野菜を作ることができそうだ。

http://www.chloerutzerveld.com/#/edible-growth-2014/

3Dプリンター(まとめ)