1. トップ
  2. ヘア
  3. エフォートレスな雰囲気に憧れる♡程よい抜け感の大人のカジュアルヘアスタイル特集

エフォートレスな雰囲気に憧れる♡程よい抜け感の大人のカジュアルヘアスタイル特集

  • 2018.11.23
  • 5996 views

今海外でも注目されているのが、エフォートレススタイル。「エフォートレス」とは、頑張りすぎていない抜け感やこなれ感があるゆるい雰囲気のことです。

程よく力の抜けたスタイルは、大人女性の魅力を高めてくれるというメリットもあるんですよ♪

今回は、そんな今注目のエフォートレススタイルを、レングス別に紹介してきます。

ヘアもファッションも“エフォートレス”がトレンド!

ボブ

ワンレンボブヘアは、トップから髪をウェーブしてパーマ風のスタイリングにするとエフォートレスな印象に。

細く毛束を取りながら太めのコテでランダムに巻き、手櫛で崩していけばOKです!

最後は軽くオイルなどスタイリング剤を馴染ませて、セミウェットにまとめましょう♪

前髪とサイドにレイヤーを入れてカットするのも、エフォートレスな雰囲気を作る1つの方法です。

前髪は毛先を梳いて、眉上でジグザグな形にすると抜け感も楽しむことができますよ♪

サイドの髪には軽くニュアンスをプラスして、カジュアルにスタイリングすれば完成です。

ミディアム

センターパーツ×毛先のニュアンススタイリングの組み合わせは、大人っぽいこなれ感を演出できる髪型です。

前髪を真ん中で分ける時に、根元をぺったんこにしてしまうのはエフォートレススタイルではNG。

なるべくふわっとした質感を作りましょう。

ゆるいウェーブの動きを全体にプラスした、ミディヘアスタイルです。

輪郭のラインに沿って、波打つようにコテやストレートアイロンを使ってスタイリングをしていきましょう。

前髪もつむじに沿って左右に分け、作りこみすぎないテイストにまとめるのがポイント♪

前髪をかきあげバング風にスタイリングしたエフォートレスなミディヘアは、大人っぽいクールなファッションに合わせたいという時にオススメ♪

トップに立体感があることで、顔の印象も華やかに見えますよ。

耳の位置辺りから毛先までをコテでランダムに巻き、ウェットにまとめれば完成です!

サイドから毛先にかけて大きめのウェーブでスタイリングすることで、抜け感のあるゆるやかな雰囲気を作ることができます。

巻いた部分には細く束感を作るように、セミウェットスタイリングで軽く崩しながらまとめていけばOK!

前髪も表面に動きをつけたりすると、よりオシャレなヘアスタイルがきまります♪

セミロング

柔らかいナチュラルな雰囲気のウェーブにすることが、大人可愛い抜け感を演出するコツ。

コテに毛束を巻きつけるよう、ゆるく全体を巻いていくだけで仕上がります♪

前髪は少し長めに残し、うざバング風に真ん中に厚みを少し持たせてから左右に流せば完成!

髪全体にプラスされたニュアンスウェーブスタイルと、クールなかきあげバングの組み合わせなら、大人のエフォートレススタイルがきまります。

手櫛で前髪を片側に流すくらいのラフさが、エフォートレスな雰囲気を作ってくれますよ。

最後はオイルを少し馴染ませたり、セミウェットにまとめればOK♪

前髪と毛先にかけてレイヤーを入れてカットした、軽やかなセミロングスタイルです。

レイヤーを多めに入れていくおくと、あまりウェーブのつきにくい方でも簡単に抜け感のある印象を作ることができます!

ランダムに巻いてから軽く崩し、前髪は横わけ風に大人可愛くスタイリングして♪

ロング

クラシカルで大人っぽい印象のぱっつんの黒髪ロングヘアには、なめらかなニュアンスウェーブをプラスしてなるべくナチュラルにスタイリングしましょう!

コテではなく、ストレートアイロンで少し波ウェーブを作っていくようにするのもオススメの方法です。

アッシュカラーなど透け感のある髪色は、エフォートレスなスタイリングと相性バッチリ♪

ゆるく全体に少しウェーブの癖をつけていくイメージでスタイリングしてから、オイルを馴染ませて軽く束感を作っていけば完成です。

前髪にも少しだけ隙間を作るのがポイントですよ。

まとめ

いかがでしたか?

今海外からも注目されている、エフォートレスなヘアスタイルをレングス別に紹介してきました。

エフォートレスという言葉の意味の通り、ヘアスタイリングではナチュラルで柔らかな質感を作れるように仕上げていくことがポイントです!

皆さんも、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

元記事を読む