1. トップ
  2. 「次はハワイに行きたい!!」声優男子たちの初海外ロケはハプニングの連続!?

「次はハワイに行きたい!!」声優男子たちの初海外ロケはハプニングの連続!?

  • 2018.11.21
  • 463 views
写真左から山本和臣、本城雄太郎、白井悠介、河本啓佑、上村祐翔
KADOKAWA

【写真を見る】初海外の裏話も盛りだくさん

11月10日に東京総合美容専門学校で「声優男子ですが…?~ついに海外進出…?SP~」の先行上映会が開催された。番組でさまざまな企画にチャレンジしている“声優男子”が、初の海外となる台湾ロケを敢行。本イベントには上村祐翔、河本啓佑、白井悠介、本城雄太郎、山本和臣の5人が登場し、ロケ当時を振り返りながらマル秘トークを繰り広げ会場を盛り上げた。

それぞれの思い出話に思わず笑みがこぼれる場面も
KADOKAWA

観客の温かな拍手で迎えられ5人がステージに登場。上村がMCを担当し、番組での各々のキャッチコピーと共に自己紹介からイベントがスタートした。本城の「今日は動きで伝えていこうと思います!」という発言に、白井から「今日しゃべらないつもりだろ!!」と鋭いツッコミが入る。本編の上映のため彼らがステージから降りると、会場中から大歓声が飛び交い、「みんなに後頭部さらすことになっちゃってごめんねー!!」と白井が叫ぶと、客席が大爆笑の渦に包まれた。

イベントではMCを務めた上村
KADOKAWA

台湾ロケのMCも、自称“台湾通”の上村が担当しワイワイと進んでいく。最初に5人が向かった先は、現地で行列ができるほどの大人気カキ氷店「思慕昔(スムージー)」。店員さんに選ばれた “注文が一番かっこよかった” 1人が、一番人気のマンゴーカキ氷を食べられるという企画趣旨のもと、華麗なターンを決めた河本が見事1位に選ばれ念願のカキ氷を獲得した。山本はかわいらしく、本城は切実な表情で訴えるなど、注文の仕方1つにもそれぞれの個性が光る。

カキ氷争奪戦で見事1位を獲得した河本
KADOKAWA

小林裕介による「お悩み相談コーナー」のVTRをはさみ、一行はデパートに隣接する巨大すべり台へ向かう。3階から地下1階まで、約4階分の高さを誇るすべり台に一同は大興奮。すべっている間に自撮り動画で自己紹介をするという高難度の課題を与えられ、恐る恐るチャレンジする5人だったが、途中からは子供のように楽しんでいる姿が見られた。カメラにほとんど何も写っていなかったり、途中で携帯の電源が切れてしまうなど予想外のハプニングが続いたが、白井、本城はなんとか自己紹介動画の撮影に成功。ラストの山本はしっかり番組の告知も織り交ぜた動画を撮影したため、会場からも「おぉ~」と感嘆の声が上がった。

【写真を見る】初海外の裏話も盛りだくさん
KADOKAWA

アトラクションを満喫した後は、台湾の超定番ディナーを味わう。店内にある青と白を基調としたおしゃれなデザインのイスに山本も思わずうっとりしていた。「賞味期限が18日の瓶ビール」など不思議な食べ物や飲み物が多数ある中、「豆苗食べたい!」「パクチー好き!」など、一定の食べ物に対して異常な食い付きを見せる上村の言動に、思わずメンバーからも「女子かっ!!」と軽快なツッコミがさく裂する。本城が「台湾は最初に食べきれないくらいの量を頼んで残すのがマナー」と台湾の豆知識を披露したり、河本の「うますぎて、もはやうみみ!!(?)」という迷言も生まれ、ぜいたくな夕食の時間を過ごした。

ムードメーカーの白井は終始トークで会場を盛り上げた
KADOKAWA

食事の後、一行は日本でも有名な占いの店を訪れた。日本の著名人も多数占ったことがあるという鄭安琪(ていあんき)先生による米粒占いを声優男子メンバーも体験することに。日本にいる小林、梅原裕一郎ともテレビ電話をつなぎ7人で占ってもらうことになったが、果たして結果はどうだったのか?

メンバーのマル秘話に爆笑の本城
KADOKAWA

ここで今回の台湾ロケの先行上映は終了。口々に「おもしろかった~」「次が楽しみだな~」と感想をこぼしながら、ロケの裏話をたっぷりと語る。「占いでひどいことばっかり言われた(笑)」(山本)、「最後に食べた角煮サンドイッチが超おいしかった! 絶対食べた方が良いよって、デザート食べた後に言われたけど(笑)」(白井)など、ここでしか聞けないエピソードが多数飛び出した。4人より1日早く帰国した白井は、他のメンバーがモスバーガーなど日本のチェーン店を訪れていた事実を知るとうらやましそうな表情を見せていた。

そして話題は、VTR中から会場がざわついていた本城着用のTシャツに。でかでかと “月影”という文字とイラストがプリントされている個性的なTシャツに会場中が「??」の空気に包まれていた。上村が全員の気持ちを代弁して「あの…月影ってなんすか」と切り出すとさらに会場中に笑いが巻き起こる。「だって他の人と被ることないじゃないですか!!」と本城が熱弁すると「まあ、被ることはないよね(笑)」とメンバーも納得の表情を見せていた。

山本の鋭いツッコミがさえわたる
KADOKAWA

この他にも、白井や本城が朝の集合時間に遅れてくる、帰国する際に河本が大変だったある事件(?)など暴露話を連発。和気あいあいとした楽しいムードで終始会場に笑顔が溢れていた。「今度はハワイに行ってみたい」など、早くも次の海外ロケに夢を膨らませる話題も上がる。トーク後は「イベントの記念に」とのメンバーからの呼びかけで、客席をバックに集合写真を撮影した。

和やかな雰囲気でイベントは進行
KADOKAWA

最後に5人からファンの方々へメッセージが送られた。「放送中のシーズン4を家で1人で見たりするんですけど、1人でフフフっとか笑っちゃってます (笑)。完結編までぜひ楽しみにしてほしいです」(山本)、「今日は見る側としても楽しかったです。今回見れなかった分も最後まで楽しんでください」(本城)、「声優男子もシーズン4まできて、海外ロケまでやって…。まだまだいけるんじゃないかっていう手応えがあります」(白井)、「ここまできたからにはどこまでもいけるんじゃないかと。これからも7人をよろしくお願いします」(河本)、「気づけば4年の月日が流れていって、当時は正直こんなに続くと思ってなかったです。1人1人の活躍と皆さんの応援があってこそ。これからも7人そろっていろんなことに挑戦していきたいです」(上村)と、それぞれ感謝の気持ちを表しながら言葉を紡ぐ姿が印象的だった。幕が下がる最後の最後まで客席に笑顔を見せてくれた彼らの、シーズン4での活躍にも期待したい。

こんなおちゃめなポーズでも撮影
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む