竜星涼が感じた落語家という生き様「役者よりも孤独なのかも」

主人公・有楽亭八雲(岡田将生)の弟子・与太郎を竜星涼が演じている
(C)NHK

雲田はるこの同名漫画を実写化したドラマ「昭和元禄落語心中」(毎週金曜夜10:00-10:45、NHK総合)。

【写真を見る】後半に登場する成長した与太郎は、髪もすっきり短髪に

昭和の落語界を舞台に、芸の絆に結ばれた人々の友情や、男女の情愛、そして大切な人の死を巡る因縁が描かれる。

物語は、稀代の落語家・八代目有楽亭八雲(岡田将生)が、元ヤクザの与太郎(竜星涼)と出会うところから始まる。与太郎は八雲が初めて取った弟子として周囲を驚かせるが、その天性の愛嬌と落語への情熱でさまざまな人に愛され、徐々に実力をつけていく。

そんな与太郎を演じる竜星に、インタビューを実施。役と物語の見どころや、落語の魅力について聞いた。

ぜいたくだなあと思えることを体験させてもらっています

――竜星さんは与太郎のどんなところに魅力を感じていますか?

僕自身、与太郎っていう人間がすごく好きなんです。自分で「おいらはばかだけど」って言える愚直さというか、自分の弱みも人にさらけ出せてしまうような真っすぐな男っていうのは、どこか憎めないですよね。

漫画の与太郎とはまた違う部分があるかもしれないですけど、そういうかわいらしさ、人間味をプラスして出せたらなと思いながら演じさせてもらいました。

――与太郎の好きなシーンを教えてください。

それこそ師匠に謝ったりする場面とか、陽気にお酒飲みながら師匠の前でちょっと一席やっちゃうみたいなシーンですかね。普通師匠の前でそんなことしないだろ、みたいな(笑)。僕もすごく楽しかったですし、好きだなあと思いながら演じました。

――落語は全くの素人だった与太郎が、物語の後半では真打ちにまで成長します。その部分の演じ分けは意識されましたか?

最初は僕も与太郎と同じで落語に触れることも初めてでした。この作品は与太郎の成長物語だと思っているので、彼と同じように、落語に触れてどんどん成長していくさまを見せていけたらいいのかなと思い、何かを分けるってことはあまり意識しませんでした。

今の自分のリアルなものを見せつつ、あとは教えて下さる師匠方たちと少しずつ相談しながらやっていきました。

――落語は実際に、歴史ある寄席の中で披露されていますね。

学校なんかもそうですけど、今なお、実際にお客さん入れてやってる“生きてる”場所で演じるっていうのは、とても素晴らしい経験です。リアルな雰囲気、感情というものを自然と出させてもらえる気がします。

(東京・)浅草の演芸ホールだったり、ああいうところを実際にお借りしてできていることは、この作品の良さを一つ格上げさせてもらってる部分だと思います。

――高座に上がる機会は、そうあることではないですよね。

ないですよ! それに、落語監修の柳家喬太郎師匠のお話をこんな近い距離で聞かせてもらうことも貴重ですし、ぜいたくだなあと思えることを体験させてもらっています。

――落語は何本ぐらい練習されましたか?

ちょこっとしたものも含めたら、八つぐらいですかね。「出来心」だったり、一話でやった「たらちね」「寿限無」、少し「死神」なども触れましたし、「錦の袈裟」「大工調べ」のたんかだったり、あとは「芝浜」「野ざらし」ですか。

――その中でも特に思い入れのある噺というと。

やっぱり「出来心」です。最初に高座に上がってやらせてもらった噺だし、一番練習させてもらったものだし、はたまた落語家としてこれからやっていく与太郎の一つ核になる噺なので、そこはひときわ思いがあります。

――やはり落語の難しさがあったと思いますが。

落語自体の難しさもありましたが、もう一つ難しいなと思ったのは、練習してある程度体に入ってきちゃってるものを、下手くそに見せなきゃいけない時。

でも、そうしていろいろなやり方をある種最初に勉強できたので、表現の仕方として、役者としてもとても勉強になったと思います。

全話終わる頃には、(視聴者が)寄席に行くぐらいに好きなるんじゃないかなって

――俳優と落語家の違いや共感を覚える部分はありましたか?

人それぞれやりようがあって自由だったりする部分は、芝居の世界も同じなのかなとは思うんですけれど、でも僕ら役者は監督がいて、その監督がイメージする中で芝居をやっていく。

落語家っていうのはそういう人間が居ない中でやっていますので、自分の芸を自分で判断しながらやっていかないといけない、それを高めていかないといけないっていうことは、役者よりも孤独なのかなと思いました。

八雲みたいに芸を磨いて、なにか一つのことで突き抜けるというのは、それと同様の孤独も付いてくるのかなと。八雲にはそういう孤独を感じられます。

でもきっと、何かを捨てるというか、そういうことをしないと、一つの時代を築いたり、一つの大きなものを動かしていく人間にはなれないのかなって思ったりするので、同じ芸の世界の職業に就いている身としては、とても感慨深いものを感じながら演じています。

――この作品の要素の一つに、落語への思い入れから来る「嫉妬」があると思うのですが、竜星さん自身も俳優として、嫉妬に駆られるような瞬間はあるのでしょうか?

役者に限らず、どの職業もきっとそういうものだと思うんです。人言えぬジレンマみたいなものをみんな抱えてるだろうし。

でも結局、最終的には自分との戦いみたいなところに行き着くのかなと。僕は今そういう感覚でいるので、そこからがスタートなのかな。

落語の世界も、師匠たちからいろいろなことを教わって、いろいろなやりかたを覚えて、でも結局自分の落語を見つけて、初めてその人の芸が地に足着いていくというか。

だから僕自身もきっとそうなのかなと思いますし、結局、他の人と勝負しても仕方がないというか。それよりも、自分と戦い自分をいかに見せて、自分の限界を超えてゆけるか、ということなのかなと。

もちろん若い時は絶対、嫉妬のような思いがないと駄目だと思います。負けず嫌いのそういう部分を自分との戦いに使えば使うほど、きっと魅力ある人になっていくのかなと。そうして自分の芸を磨いていけて、きっとそれが評価に値するのかなと思いますね。

――これまでの役者業を通して、そういう考えが芽生えてきたんでしょうか。

作品の仕事だけではなく、海外に行っていろいろな仕事をしたり、そういう経験から人と比べてもしょうがないってことを、この1、2年とかで気付けたかなとは思います。

――最後に、落語がとっつきにくいと感じている人もドラマを見たくなるようなメッセージをお願いします。

僕も今まで25年間落語に触れずに生きてきて、どこか落語にとっつきにくさを感じていたのですが、こういうきっかけで落語を知るようになり、とても好きになりました。

特にこのドラマは、落語がテーマではあるんだけれども、それ以上に落語に触れている人だったり、その周りで支えている人たちだったりっていう人間ドラマがありますので、そういうものを見ているうちに、きっと皆さんに落語を好きになってもらえるような作品だと思います。

しかもいろいろな落語家たちがいて、同じ演目を他の人がやっていたりすると人によって全然違うんです。

こういう面白さがあるんだって新しい発見もしながら、全話終わる頃には、寄席に行くぐらいに好きなるんじゃないかなって。そうなったら僕らの勝ちかなって(笑)。

そして与太郎の成長も、最後まで見守ってもらえたらうれしいなと思います。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理