香り豊かなソースが決め手! 今が旬の生だらを使った「たらのソテー」3選

「たらのソテーバターポン酢ソース」
料理:市瀬悦子 撮影:榎本修

マスタードの辛みがGOOD♪「たらのソテークリームマスタードソース」

寒さが厳しくなるにつれ、身がしまっておいしさを増す「たら」。たんぱくな味なので、さまざまな料理の味になじんでくれて使いやすいですよね。そこで今回は、香り豊かなソースを使った生だらのソテー3選をご紹介。切り身のたらを上手に使って、時短で“おいしい一品”作りにチャレンジしましょう。

たらのソテーバターポン酢ソース

【材料・2人分】

生だら 2切れ、長いも 6cm(約100g)、にんにくの薄切り 1/2片分、クレソン 適宜、ポン酢じょうゆ 小さじ2、塩、こしょう、小麦粉、オリーブ油、バター

【作り方】

1. 長いもは1cm厚さの輪切りにする。たらは塩、こしょう各少々をふり、小麦粉を薄くまぶす。

2. フライパンにオリーブ油小さじ2とにんにくを入れて火にかけ、香りが立ったら、たらを表になるほうを下にして、長いもとともに並べ入れる。こんがり焼き色がついたら裏面も焼き、器に盛り合わせる。

3. フライパンの余分な油と焦げをペーパータオルでふき取って弱火にかけ、バター大さじ1と1/2、ポン酢じょうゆを加えて混ぜ合わせる。バターが溶けたら火を止めて2にかけ、クレソンを添える。たらを焼いてできた焦げと余分な油を、ペーパータオルでふき取ってからソースを作ると、口当たりがよくなる。

(1人分245Kcal、塩分1.6g、調理時間15分)

長いもは食べごたえを出すため輪切りに。にんにくで香りを立てたら、長いもと一緒にたらをこんがり焼いてください。焦げ目の香ばしさとポン酢のさっぱりしたさわやさかで、どんどん箸が進みそう。

たらのソテークリームマスタードソース

まずは下ごしらえでハニーマスタードソースを作ります。たんぱくな味の白身にソースがよく合う一品。

マスタードの辛みがGOOD♪「たらのソテークリームマスタードソース」
料理:井澤由美子 撮影:木村拓

たらのソテーゆずこしょうタルタル添え

たらの水けをとるときは、まず塩をふって余分な水分を出しましょう。こんがり焼けた皮が香ばしさを出します。

「たらのソテーゆずこしょうタルタル添え」
料理:沼口ゆき 撮影:三村健二

たらの見分け方として、全体的に白いものが「塩だら」でピンクっぽいものが「生だら」です。透明感と弾力がある生だらは新鮮な証。時間が経っている場合はパックに汁がたまるので、選ぶ時はなるべく汁のないものを選んでくださいね。(レタスクラブニュース)

元記事を読む
提供元: レタスクラブニュースの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理