広瀬アリス、初共演・村上虹郎のオンオフにビックリ!「こんなにも喋らない人なのかと」【前編】

ベストセラー作家・中村文則さんによるデビュー小説が原作、製作はレジェンダリー・プロデューサーの奥山和由さん、監督は映画『百円の恋』で知られる武正晴さん。そんなクリエイター3人が放つのが、村上虹郎さん主演の映画『銃』(11月17日全国公開)です。ひょんなことから拳銃を拾った大学生・トオルの天国と地獄を、モノクロ映像で描き出します。

トオルを時には支え、時には揺さぶるヒロイン・ヨシカワユウコを演じるのが、広瀬アリスさんです。「脚本を読んだときに、人間や銃などありとあらゆるものが怖く感じました。銃を手に入れたトオルが闇に飲み込まれていく様も怖かった。脚本上の文字だけで『うわあ』と思ったのは初めてかもしれません」と物語の迫真性を強調します。

ヨシカワユウコを演じる上では、武正晴監督から言われた“天使感&等身大感”を意識。「武正晴監督からは、ヨシカワユウコはトオルにとって救いの手を差し伸べる天使のような人であってほしいと言われていたのでそれを意識しつつ、同時に言葉では言い表せないような感情を持て余している歳相応の女子大生という等身大感も大事にしました」。

村上さんとは初共演。そのファーストインパクトは「寡黙な人」だったそうで「こんなにも喋らない人なのかと驚きました。その雰囲気はトオルそのもので、普段からトオルみたいな人なんだろうと思った」と回想します。

ただヨシカワユウコとトオルの関係性は、恋人でもなく友人でもないという微妙なポジション。ゆえに「撮影中は私もあえて話しかけにはいきませんでした。居心地の悪さとは違う、気にならない寡黙さ。だから私もワイワイやるのは違うと思って、役柄同様に近からず遠からずという距離感を大切にしました」と撮影期間はヨシカワユウコに徹したそうです。

驚いたのは撮影がすべて終わってから。「撮影が終わり、宣伝活動や取材で村上さんに再会してみたら、凄くお話をしてくれるし、表情もコロコロと変わる様な明るさがあった。その姿を見て“撮影中は完全に役に染まっていたのか……”と驚かされました」と当初の印象とは180度の激変です。(取材、文:石井隼人、写真:岩間辰徳)

☆後編はこちら

元記事を読む
提供元: NOSH(ナッシュ)の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理