1. トップ
  2. 稲森いずみの“真面目な不倫相手”役は安藤政信に決定!“夫”鈴木浩介は仲里依紗と…

稲森いずみの“真面目な不倫相手”役は安藤政信に決定!“夫”鈴木浩介は仲里依紗と…

  • 2018.11.16
  • 531 views
稲森いずみ主演の“大人のラブコメ”「連続ドラマW それを愛とまちがえるから」の追加キャストが決定!(写真上段左から時計回りに稲森、鈴木浩介、安藤政信、仲里依紗)
KADOKAWA

稲森いずみ主演の「連続ドラマW それを愛とまちがえるから」が2019年2月9日(土)にスタートすることが決定(毎週土曜夜10:00-終了時間未定、WOWOWプライム ※第1話は無料放送)。

【写真を見る】稲森いずみが、夫婦のセックスレスに悩んだ揚げ句、“真面目に一生懸命な不倫”に走る主婦を演じる

合わせて稲森を取り巻くキャストとして、鈴木浩介、仲里依紗、安藤政信の3人が発表された。

本ドラマは、直木賞受賞作家・井上荒野の同名小説が原作。結婚15年目を迎えて幸せな人生を送っていたが、セックスレスになってしまった夫婦の行く末を、笑いあり涙ありでつづる“大人のためのラブコメディー”になっている。

WOWOWのオリジナルドラマとしては、これまでに放送したことのない新たなジャンル・ラブコメディー。その第1弾となる本ドラマのチーフ監督を、ドラマ「最後から二番目の恋」(2012年、フジテレビ系)などを手掛けた宮本理江子が務める。

稲森いずみと鈴木浩介が夫婦に

本ドラマで、夫婦のセックスレスに悩んだ揚げ句、“真面目に一生懸命な不倫”に走る主人公・伽耶(稲森)の夫の匡を鈴木浩介が演じる。匡は大手スーパーの課長で、うだつのあがらないサラリーマン。大らかで人の良い性格だが、それが逆に身近な人を傷つけていることに気付かない鈍感な一面を持つ。

鈴木は撮影を振り返り「作中にはライブ感もあり、テンポが速い4人の芝居の掛け合いは大変でした」とコメント。

そんな匡が心の癒やしを求めて不倫しているのが、一回り以上も年齢が若い整体師・朱音だ。その朱音役を演じるのは、仲里依紗。朱音は、自分の好き嫌いがハッキリしているサバサバした性格。結婚に対してクールな価値観を持っているようにみせるが、本気で人を好きになることへの臆病さを隠している役柄だ。

仲にも現場の話を聞くと、「シーン一つひとつがとても長く、ぶっつけ本番で撮影した時もあり、なかなか大変でしたが、不思議と楽しい現場でした」と語っている。

また、安藤政信が伽耶の恋人・誠一郎役としてキャティング。誠一郎は、「遠野ゆきえ」というペンネームで少女漫画を描く人気漫画家で、ひょんなことから伽耶の“真面目な不倫相手”になっていた。身もふたもないことを言うだらしない人間だが、実は繊細な心の持ち主で、ある問題を抱えることに…。

安藤も「せりふが多い長回しの撮影に苦労もしましたが、今回、皆さんとご一緒させていただいて、今まで以上に芝居を好きになることができた思い出深い作品です」と苦労しながらも芝居の出来に満足した様子。

2019年2月、一癖も二癖もある男女4人が巻き起こすドタバタ劇に腹を抱え、愛と情と欲望の間でさまよう大人たちの姿に涙する!

「それを愛とまちがえるから」ストーリー

専業主婦の伽耶(稲森いずみ)は、仕事熱心で性格も合う夫・匡(鈴木浩介)と結婚15年目を迎えて幸せな人生を送っていたが、2人は長きにわたりセックスレスだった。

ある朝、匡に恋人がいることを尋ねた伽耶は、匡が自分にも恋人がいることに気付いていたのを知る。実は伽耶も漫画家の誠一郎(安藤政信)と不倫関係にあった。

そんな中、通っていた整体院の整体師・朱音(仲里依紗)が匡の恋人だということを知った伽耶、そしてその場に偶然居合わせた匡と誠一郎。お互いの恋人を知ってしまった夫婦と、その恋人たちが織り成す四角関係の行方は…。(ザテレビジョン)

元記事で読む