1. トップ
  2. 舞台「信長の野望・大志 -冬の陣-」千秋楽!明智に続き家康も離反の兆し?最終章「本能寺の変」は2019年5月開幕!!

舞台「信長の野望・大志 -冬の陣-」千秋楽!明智に続き家康も離反の兆し?最終章「本能寺の変」は2019年5月開幕!!

  • 2018.11.13
  • 296 views
【写真を見る】前作「春の陣」で浅井長政を討伐した信長の前に現れたのは武田・上杉連合軍。甲斐の虎と越後の龍の同盟という、史実ではあり得ない展開から「冬の陣」は始まった
KADOKAWA

【写真を見る】前作「春の陣」で浅井長政を討伐した信長の前に現れたのは武田・上杉連合軍。甲斐の虎と越後の龍の同盟という、史実ではあり得ない展開から「冬の陣」は始まった

東京・北千住のシアター1010で上演されていた舞台「信長の野望・大志 -冬の陣- 王道執行~騎虎の白塩編~」が去る11月12日に全9公演を終え、千秋楽を迎えた。

本作は人気歴史シミュレーションゲーム「信長の野望・大志」の舞台化作品で、歴史に抗う“平成の記憶を持つ者”たちによる天下統一への戦いが描かれる。主演・織田信長役に俳優・鶏冠井孝介、信長の妹・お市役に田中れいながキャスティングされている。

その時、相手方ではどんなドラマがあったのか? 信長陣営、敵陣営で表裏の物語が展開し、両サイドの公演を見ることで全てが読み解けるダブルストーリー、2パターンの交互上演というスタイルが新しく、今年5月の「春の陣」では「SIDE織田」「SIDE浅井」を、今作「冬の陣」では「SIDE織田・徳川」「SIDE武田・上杉」のステージを上演した。

3部作であることが発表されており、史実と違う歩みを辿り、天下統一に突き進む信長の最後の敵は、稀代の謀反人・明智光秀となる。千秋楽公演後には、最終章「本能寺の変」の予告編が、鶏冠井、田中、明智役・谷佳樹たちによる生上演で披露された。

「兄上!!」と叫ぶお市、膝から崩れ落ちながらも「行かねばならぬ」と声を振り絞る信長、本能寺で信長が討たれることを知る家康。最後はまさかの槍を構えるお市の姿も。

最終章は「SIDE織田」「SIDE明智」のツーサイド公演となり、2019年5月に埼玉・戸田文化会館と東京・シアター1010にて公演が決定している。

約3時間の2部制、長時間公演となった今回の「冬の陣」。レポートと共に、公演中に聞いた鶏冠井、田中のコメントを紹介する。

直虎が書き残した本来の歴史の顛末を手にした家康は、最後、不穏な団結を見せるのだった
KADOKAWA

本能寺の変を前に家康にも裏切りのフラグが発生!?

史実をベースに、“もしも”の歴史を進む「信長の野望」のストーリーだが、ただ自由に脚本されているわけではない。史実と創作を混じえながら辿っていく骨組みのしっかりした人間ドラマは今回も健在で、「SIDE織田・徳川」では良き道へと歴史を動かしたいと願う信長の胸中と、兄を支えるお市の姿、徳川家の子供の頃からの絆が。その裏の物語「SIDE武田・上杉」では武田家の滅亡を防ぐため、白い術(医療)で“信を”示す武田勝頼、“義”で応える上杉謙信の姿が描かれた。

武田、上杉の中で平成の記憶を持つ者は意外にも武田信玄の息子・勝頼だった。医師の記憶を持つ勝頼は信を得るために、病に伏せていた上杉謙信の侍女・浪を治療し同盟を呼び掛けた
KADOKAWA

戦国の覇王・織田信長の人物像は作品次第で様々な描き方をされるが、「信長の野望・大志」では強さは当然として、平成の記憶を持つ者であるが故の“弱さ”が印象的だ。信長であることに弱音を吐き、お市に奮い立たせられる姿はむしろ切なく見えてしまう場面とも。胸を打つのは脚本のみならず、鶏冠井が真っすぐで好漢な信長を作り上げたのも大きいところだろう。

そんな「冬の陣」は長篠の戦いまで進んだが、信長陣営には大きな痛手を負う戦になった。史実になぞらえようとする信長の行動が裏目に出て、徳川家康の重臣・酒井忠次が命を落とし、井伊直虎は信長を庇って亡くなってしまう。無念と不信から、信長から離心し始める家康は、平成の記憶を持つ者であった直虎が書き残したこの先の歴史の顛末を見る。

本能寺における明智の謀反と信長の死、その先で自らが天下人になることを知った家康は、最終章でどのような行動に出るのだろうか。

影の主役・明智の策謀渦巻いた「冬の陣」

織田信長、武田勝頼、上杉謙信が表の主人公だとすれば、明智は影の主役というポジションで、最終章への伏線を随所で見せつけた。公演前インタビューにて田中が「明智がムカつく」と話した通り、仲間へのぞんざいな言動を見せる場面も多々あり、信玄、勝頼、最後には味方である竹中半兵衛をもその手にかけた。

8連式の新型銃を手に、とにかく殺しまくった明智光秀。キャストたちの中では“通り魔”と言われてるとか
KADOKAWA

平成の記憶を持つ者であることは明らかながら、いまだ真意が見えぬ明智という存在。その行動は信長を陥れるようでもあり、結果的には織田家を守ることになっている。あたかも史実から大きく外れそうになるレールを修正しながら、自らが謀反を起こす本能寺の変に向かわせようとするようである。

家康の離心もあり、最終章「SIDE明智」がどのような陣容を作るのか気になるところだが、信長にも心強い味方ができた。義に生きる戦国最強の軍神・上杉謙信は、命を救ってくれた信長と共に戦うことを決める。

変わりゆく歴史の先、本能寺の変で表舞台に残るのは信長なのか明智なのか、それとも…?

鶏冠井孝介が演じた信長。「SIDE織田・徳川」ではその優しさから葛藤し、心を痛める場面が多かった
KADOKAWA

鶏冠井孝介インタビュー、最終章では新たな武将が続々登場!?

――またカーテンコールは噛み噛みでしたね。鶏冠井さんらしいというか(笑)。

いやあ、本当にいつもなんですけど(笑)。カーテンコールは本番とはまた違って、妙に緊張してしまいますね。

――2度目の「信長の野望・大志」ですが、今回披露されてどんな気持ちが湧きましたか?

続編ではあるんですが、またイチから作り上げたという感じが強く、自分ではあまり続きものという感じがしていないんですよ。今回は今回でやり切れたという気持ちです。

――お市に励まされるシーンもあり、今作は特に弱さが見える信長が印象的でした。

よくある信長像からすれば、お市とのあのシーンはだいぶあり得ないですよね(笑)。姪の前であんなみっともない男って。でも、女性のお客さんや共演の女性陣からはあの女々しさが可愛いって言われるんですよ。平成のタイプはこっちの方が良いのかもしれないです(笑)。

――ラストはまさかの展開が待っていて驚きました。

上杉謙信と家康ですよね。あの見え方だと、もう家康は信長から離れてしまってるんだろなあ…。最終章、どんなことをしてくるのかが怖いです。でも、まさか謙信が手を結んでくれるとは。織田と上杉の同盟なんてあり得ないことが起こって、この先どうなるかが本当に分からないです。敵は増えたかもしれないですけど、軍神という最強の味方が付いてくれたわけですから。

信長の運命が決まる最終章は、2019年5月18日、埼玉・戸田文化会館より始まる
KADOKAWA

――最終章の展開が楽しみです。本能寺の変で敦盛を舞って散ってしまうのか。

史実では信長は本能寺で亡くなってしまいますが、「信長の野望」として生き残れるのか、それとも他の誰かの野望が勝ってしまうのか、というところですね。この3部作の全てで、主演の織田信長を演じさせていただけることにすごく感謝しています。前回もですけど、僕はあまりみんなを引っ張っていくというタイプではないんです。それでも共演の皆さんが僕のことをすごく慕ってくれて、先輩方も可愛がってくれています。新しい方々も「お前だったら付いていくよ」と言ってくれるので、自分なりに精いっぱい信長を全うしたいと思います。

――最終章はシアター1010の前に、戸田文化会館という大ホールからスタートします。座長としての気合いも増しているのではないですか?

もちろん、そのために僕は頑張るしかないと思っています。戸田文化会館はまだ1度も立ったことがない会場で、あの大ホールで信長を演じられるということはすごく嬉しいです。

――実はまだ森蘭丸が出てきていないんですよね。歴史好きとしてはそういうところも楽しみです。

聞いた話によると、最終章ではまた新しい武将がたくさん登場するらしいです。名立たる武将、人気のある武将たちが。今回亡くなってしまった仲間はいますけど、新しい仲間、もちろん新しく現れる敵にも期待してください。これまで応援してくださったファンの方々のためにも、信長として最後まで生きたいと思います

【つんく♂もエール!田中れいな、歌の表現力で見せた舞台「信長の野望」千秋楽!誕生日はあの2人からオタオメも!! に続く。同記事は近日配信予定】(ザテレビジョン・取材・文:鈴木康道)

元記事で読む