1. トップ
  2. グルメ
  3. 幸福度MAX! ハワイの新顔ブランチレストランYieldがスゴイ!【女子欲ハワイ79】

幸福度MAX! ハワイの新顔ブランチレストランYieldがスゴイ!【女子欲ハワイ79】

  • 2018.11.10
  • 468 views

朝から絶品が味わえるYieldのディナー開始が待ち遠しい♡

ハワイ在住のお友達から教えてもらったニューオープンのレストランが私的に大ヒット!! それは、“Firm-to-table”がポリシーの朝食とランチ提供のブランチレストラン。

20代の若きシェフとサービスのふたりが始めたお店なのですが、このシェフ。いかにも美味しいものを作りそうな風貌。

この彼は、ハワイでは有名なマスターソムリエで、ウォーターフロントプラザ(以前はレストランロウと呼ばれたダウンタウンのレストランやオフィスが入るビルですね)内の「Vino Italian Tapas&Wine Bar」を経営するチャック・フルヤ氏のご子息なんだとか。

ハワイの日本料理店で修行し、日本でも和食を学び、その後、ファーマーズマーケットでスムージーのお店などを出店しつつ、この6月にお店をオープンしました。

今回は朝にうかがったので、オーダーしたのはダッチベイビーパンケーキ、そしてステーキ&エッグの2品(ちなみに朝食もランチも同じメニュー展開です)。

アメリカの朝ごはんにおける定番のステーキ&エッグ$22。んー、これレベル高い!

ローカルの白ナス、インゲン、オクラをソテーしたたっぷりの焼き野菜とクリームスピナッチ、オーバーイージーの卵が添えられた赤身ステーキは、ディナーで頂いても遜色ない一皿。そして塩加減の塩梅、量が絶妙! 品のある良い加減なのです。

そして楽しみにしていたダッチベイビー! 熱々のスキレットでやってきました。

▲ダッジベイビー$13。

ダッチベイビーパンケーキは、バターにレモンを絞っていただくのが一般的ですが、こちらでは、焼き上がったダッチベイビーに、とろりとしたキーライム風味のアングレーズソースとハワイの重要な木、キアヴェツリーの蜂蜜、レモンゼスト(レモンの皮)がトッピングされ、上品な甘さのおしゃれな一品にグレードアップ。

小さなスキレットなので、重くなくさらっと頂ける量。コーヒーと合う合う。ちなみにグラスフェッドバターやココナッツオイルを入れたコーヒーなんかもあり。ミントジンジャーレモネードも美味!

▲ホットコーヒーは$3.5、ミントジンジャーレモネードは$4。

目が覚める2品の美味しさに、これはランチにも来なくては、と即座にリピート決定!

だってスフレオムレツや、卵とソースとケールをオーブンで焼き上げるケールフロレンティン、魚のモイを使ったセビーチェ、魚のソテーなど、まだまだ気になるメニューがいっぱい。

ハワイのローカル食材を使い、Veganな人たちにも対応できるメニューも用意しながら、がっつりと食べ応えのあるお料理もつくる、そのバランス感は、女子だけでなく、男子たちにも好まれるヘルシーさ。

そして、味付けの繊細さはやはり和食を学んだ経験の為せる技。きっと小さい頃から美味しいものを父上と食べてきた経験もそうさせるのでしょうか。

店内にある店名を入れたウッドのオブジェは、友人がハワイのマンゴーツリーで作ってくれたものだとか。

気持ちいいテラス席もあり、あとふたり、人を雇えたら来年1月にはディナーも開始する予定だと話してくれたサービスの彼も、シェフも、ここにいるスタッフみんなが一生懸命な空気感。

ディナーが始まったら、チャック・フルヤ氏チョイスのワインも楽しめるとのことなので、これは開始が待ち遠しい♪ちなみに今はBYO(お酒持ち込み可)です。

オープンカウンターで作っているシェフのキビキビした動きとチャーミングな表情を見ているだけですごくハッピー。美味しいものが出てきそうな感じがスゴい! シェフってそういう佇まいであることってすごく重要だと思う。

ちらりとキッチンに見えた茅野屋の出汁の袋(!)はご愛嬌。これは何に使うの? と質問したら、ちょっとはずかしそうに、「和風テイストを感じさせたいお料理に時々使うことがあって。ちょっと簡単な出汁なんだけど」と(笑)。日本語が少しだけど話せるのもいい感じ♪

今は、火曜から金曜は7時半〜14時、土日は9時〜15時の営業。ますますの進化が楽しみなお店です。

やはりダウンタウンはおもしろいな。かなり安全になってきたダウンタウンだけど、歩くときはキビキビと目的地まで歩いてね。ふら〜っと夢遊病者のように歩いている謎の危ない人も時々いるから気をつけて。まずはブランチレストランに出掛けるなど、明るい時間帯でダウンタウンの街に慣れるのがいいかも!

場所はペギーホッパーギャラリーがあるヌウアヌAVE.沿い。私たちはペギーホッパーギャラリーの斜め前にあるパーキングに停めて歩いて行きました。

元記事で読む