1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 多目的に使えるベンチが気になる♡省スペースにも繋がるダイニングやリビングでの使い方

多目的に使えるベンチが気になる♡省スペースにも繋がるダイニングやリビングでの使い方

  • 2018.11.10
  • 21362 views

多目的に使えるベンチ

ベンチは、多目的に使うことのできる家具として、最近注目が高まっているアイテムです。屋外に設置されているような背もたれのあるタイプをはじめ、サイドテーブルのように使うことができたり、飾り棚や踏み台のように使うことができるものも。

多目的に使うことができるアイテムは、省スペースにも役立ちますね。今回は、そんなベンチの魅力についてたっぷりとご紹介します。

ダイニングテーブルにベンチを合わせる

サイドテーブルにもなるベンチ

こちらのベンチは、ソファの横に設置してサイドテーブルとしても使うことができるそうです。

お客様がいらしたときなどは、さっとダイニングテーブルに移動して席を増やすことができますね。

ラウンド型のテーブルに合わせて

ベンチというと、直線的なデザインのイメージが強いかもしれません。ですが、ラウンド型のものもあるんですよ。

こちらのダイニングテーブルは、「BoConcept(ボーコンセプト)」の「Granada(グラナダ)エクステンションテーブル」。

ラウンド型のテーブルに合わせた湾曲したベンチは、「REAL Style(リアルスタイル)」の「Bande Bench(バンデベンチ)」です。

同じファブリックを使ったダイニングチェアと

同じファブリックを使ったダイニングチェアと
出典:FLYMEe

ベンチをダイニングテーブルに合わせて使うアイデアは、席が固定されていない分、人数が増えたときなどにも重宝します。

おそろいのファブリックが使われたチェアと組み合わせた「FLYMEe deux(フライミードゥ)」の「SWITCH(スイッチ)」は、長さ130cm。

ファブリックは5つのランクから選ぶことができるそうです。

シンプルなウッド&スチール

シンプルなウッド&スチール
出典:FLYMEe

こちらは、「CRASH GATE(クラッシュゲート)」の「Knot antiques BRERA BENCH(ノットアンティークス ブレラ ベンチ)」です。

シンプルなパイン材とスチール脚を組み合わせたデザインが素敵ですね。インダストリアルな雰囲気は、男前インテリアにもおすすめです。

ソファとベンチの組み合わせ

ソファとベンチの組み合わせ
出典:FLYMEe

最近人気が高まっているローダイニングをご存知でしょうか。

ローダイニングとは、従来のダイニングテーブルよりも低いテーブルを使ったセッティングのこと。

1人掛け用のダイニングチェアではなく、ソファやベンチを組み合わせることが多いスタイルです。

こちらは、「CRASH GATE(クラッシュゲート)」の「Knot antiques GRESS BENCH(ノット・アンティークス グレスベンチ)」。

ローダイニングにもぴったりで、レザーテックスと呼ばれるファブリックが使われています。

リビングに置くベンチ

絵本棚の隣に

リビングの一画に作られたキッズスペース。角には絵本用の棚が置かれています。

子どもたちが手に取りやすいよう、表紙を見せながら収納できる絵本棚の設計が素敵ですね。

サイドに設置されたベンチも、無垢材のナチュラルな質感がフローリングと絵本棚にマッチしています。

ノスタルジックな壁色と

セルフペイントで実現させた、ノスタルジックなツートンカラーの壁の前に、小さめサイズのベンチを置いているアイデアです。

レトロデザインの壁掛け時計ともマッチしていますね。

背もたれのあるベンチ

ベンチには、いろいろな形があります。背もたれのあるベンチは、屋外でもよく目にするデザインですね。

画像のように、荷物をちょっと置きするスペースとしても活躍してくれそうです。

座面が板でできているベンチは、フラワーベースなどをディスプレイすることもできますよ。

収納家具としても活躍

省スペースの収納家具にも

ベンチは、収納家具としても活用することができます。

こちらは、ダイニングテーブルに合わせたベンチですが、ご覧のように座面が持ち上がるようになっているボックスタイプのデザインです。

右側の小さなサイズも収納ボックスになっています。

ミニベンチをディスプレイスペースに

DIYで製作されたというミニベンチは、玄関のディスプレイスペースにぴったりです。古材を使っているので、ラスティックな風合いが感じられますね。

アンティークのアイテムや観葉植物を組み合わせてスタイリッシュなコーナーになっています。

小学生のランドセル置き場に

背の低いベンチは、小学生のお子さんにも使いやすい高さです。

こちらは、子ども部屋の勉強机の反対側にベンチを設置し、ランドセル置き場として活用しているアイデア。

学校から帰って来てからの動線を考えて、この位置に置いたとのこと。

ランドセルの上に見えている白いケースには、学校からのお知らせのプリントなどを入れています。

カラーボックスのリメイクで

こちらは、カラーボックスをリメイクして作られた収納ベンチ。棚の部分に扉と取っ手を、側面に板を付けて座面にしています。

床置きにしているので、小さいお子さんでも使いやすい収納家具になっていますね。

背板のない収納シェルフとして

背板のない収納シェルフとして
出典:FLYMEe

こちらは、「CRASH GATE(クラッシュゲート)」の「Easy Life SHELVES BENCH SHELF(イージーライフ シェルベス ベンチシェルフ)」。

ご覧のように内側が2段に仕切られたデザインです。ボックスを組み合わせて収納シェルフとして使うこともできますよ。

まとめ

椅子のように座ることができるのはもちろん、サイドテーブルやディスプレイスペース、収納家具などさまざまな使い方ができるベンチ。省スペースにも繋がるベンチのあるインテリア実例と、おすすめのベンチをご紹介しました。

DIYで手作りされている方も多いようです。ダイニングやリビング、玄関などにベンチを置いてみませんか。

元記事を読む