渡部篤郎が向井理の“誠実さ”にうなる!?

「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」は11月11日(日)スタート
KADOKAWA

向井理が作品の魅力を語る!

【写真を見る】「撮影では毎日が楽しく充実した日々を送らせていただきました」と語る向井理

11月11日(日)よりWOWOWプライムにて放送開始する「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」の第1話完成披露試写会が、11月7日に都内で行われ、舞台あいさつに出演者の向井理、黒木瞳、美村里江、三浦貴大、山本耕史、原田泰造、渡部篤郎が登場した。

同ドラマは、革命的な発明により“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描く社会派ドラマシリーズの最新作で、“AI”がテーマ。

IT企業が経営するメディノックス医療センターでは、医学者の鈴木哲郎(向井)が開発したAIによる患者の診断が行なわれていた。人間の医師が行なうよりも短時間で正確に、しかも無料で行なうAI診断は世間で評判を呼ぶ。そんな中、AI診断に基づいて外科医の上野(原田)が手術した患者が、術後に容体が急変して亡くなってしまう…というストーリー。

登場した向井は「『パンドラ』という10年続くシリーズに参加させていただくということは、とても光栄に思っております。プレッシャーというよりも(シリーズの)一員になれるという喜びが強く、撮影では毎日が楽しく充実した日々を送らせていただきました」と語った。

また、本作で初共演となった渡部について「『恐い人だったらどうしよう』というのがあったんですけど、全然恐いことはなくてフランクで、大人なんだけど遊び心のある方。この作品(の撮影期間)中でも、何度か食事に誘っていただいて一緒に行きましたし、本当にいい出会いをさせていただいたと思っています。今後の長い俳優人生の中で、いつかまた一緒にできたらなと思いました」と告白。

渡部が向井の魅力を明かす

一方、渡部は向井について「人としてとても誠実な方だなと思いました。俳優である前に、誠実な人間であることがとっても魅力的で大事なことなんだなと学ばせてもらいました」と明かした。

最後に、向井は「今まで『パンドラ』を見てきた人たちにとってはとても期待値が高いと思います。今回は“AI”という人工知能に絡め捕られていく人間たちがどういうふうにその技術と向き合っていくのかという、テーマとしてはすごく重そうなのですが、僕は人間を描く人間ドラマだと思って演じていました。そういった“AI”という人間ドラマをご覧いただけたらと思います。そして、初めて『パンドラ』を見る方々には、僕はこのシリーズがWOWOWの真骨頂だと思っていまして、WOWOWにしかできない表現だったりテーマだったり映像であったり。また技術だけではなく、“意気込み”みたいなものがこの『パンドラ』に感じられるんです。それをぜひ体験していただきたいと思います!」とアピールした。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。