趣里、目を奪われるほどの情熱的な苦悩の舞いを披露

4月期に放送された「ブラックペアン」(2018年、TBS系)、そして現在放送中の「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日系)など、話題作に立て続けに出演し、注目を集めている趣里。彼女が主演を務める映画「生きてるだけで、愛。」が11月9日(金)に公開される。

【写真を見る】趣里×菅田将暉が圧巻の演技を見せる!

これを記念して制作された、世武裕子が歌う映画のエンディング・テーマ「1/5000」のミュージックビデオが解禁された。

【写真を見る】趣里×菅田将暉が圧巻の演技を見せる!
(C)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

趣里×菅田将暉×仲里依紗が三角関係に

同映画は本谷有希子の芥川賞・三島賞候補作となった同名小説を実写化したもので、現代社会を生きる不器用な男女の姿を描くエモーショナルなラブストーリー。

自分という存在を誰かに分かってほしいと、他者とのつながりを求める若者たちの心情をリアルにつづっていく。

趣里が演じるのは、鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態のヒロイン・寧子。寧子と同居する恋人・津奈木を菅田将暉、津奈木の元恋人を仲里依紗がそれぞれ演じる他、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙らが脇を固める。

「赤」と「青」が強調される映像美

このミュージックビデオにも、趣里が出演。そして、映画本編でも監督を務めた関根光才がメガホンを取った。

映像は、汚れた顔で横たわる女(趣里)の姿から幕を開ける。その焦燥した表情とは裏腹に、目に情熱をたぎらせている彼女は、ゆっくり立ち上がると真っ赤な傘を手にし、真っ青な服をまとい、荒野を歩いていく。

この「赤」と「青」の美しい色使いは、映画でも印象的に使われるポイントの1つとなっている。

やがて水辺にたどり着いた彼女は、言葉にできない思いを表現するかのように、全身を駆使して激しく踊り始める。

映画でも主人公の寧子(趣里)が「ほんの一瞬でも、誰かと分かり合うこと」を求めて苦悩する姿が描かれるが、内なる思いや感情が伝わってくるようなエモーショナルな“舞い”は、バレエや舞台経験で身体表現力を磨いてきた趣里だからこそできたものなのかもしれない。

関根監督「彼女は新しい時代の本物の表現を担う一人」

関根監督は「この曲は映画『生きてるだけで、愛。』のために世武裕子さんが書き下ろしてくれた曲で、僕個人としても非常に思い入れがあるとても印象的な曲ですが、MVを作るに当たっては映画の主演であった趣里さんに演じてもらいながらも映画とは切り離した主題で臨み、日本のクリエーティブシーンをリードしてきた写真家/映像監督の竹内スグル氏に撮影を依頼するなど、あえて異なるスタッフに参加していただきました。

刹那的に、しかし永遠に続く何かを切望しさまよう女性として描かれる趣里さんの存在感と気迫ある動きはこのMVでも素晴らしく、撮影現場ではスタッフからの感嘆の声が上がりました。

彼女が新しい時代の本物の表現を担う一人であることを、このMVでも感じていただけると思います」とコメントを寄せた。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。