1. トップ
  2. おでかけ
  3. 「北海道ボールパーク」北海道日本ハムファイターズ新球場を核とする、食とスポーツを融合した新施設

「北海道ボールパーク」北海道日本ハムファイターズ新球場を核とする、食とスポーツを融合した新施設

  • 2018.11.6
  • 4054 views

「北海道ボールパーク」北海道日本ハムファイターズ新球場を核とする、食とスポーツを融合した新施設

日本ハム株式会社、株式会社北海道日本ハムファイターズおよび株式会社北海道ボールパークは、「北海道ボールパーク(仮称)」の建設を発表。北海道北広島市共栄に位置する、きたひろしま総合運動公園内にて2023年1月に竣工。開業は2023年3月を予定している。

undefined
www.fashion-press.net

「北海道ボールパーク」は、北海道日本ハムファイターズの新球場を核とし、多角的にエンターテインメントを届ける新施設。「“北海道のシンボル”となる空間を創造する」をコンセプトとし、食とスポーツを有機的に融合させ、ファンはもちろん道民や市民も愛着を持てるような場所を目指す。

なお、核となる新球場は、周囲の自然に溶け込むナチュラルなディープブラウンを基調とし、ガラス壁面を採用した開放感あるデザイン。天然芝フィールドを覆う屋根は、日本最大級の可動屋根を採用するという。また、フィールドが見渡せる360°コンコースを設置するなど、多様な観戦スタイルの提案などを計画しており、スタジアムの収容人数は約35,000人を想定している。

【詳細】
北海道ボールパーク(仮称)
建設スケジュール:2020年春頃 建設着工、2023年1月 竣工、2023年3月 開業
建設予定地:北海道北広島市共栄(きたひろしま総合運動公園)
建築面積:約50,000㎡
延べ面積:約100,000㎡
収容人数:約35,000人
構造:RC造 S造
階数:地下1階、地上4階

元記事で読む