1. トップ
  2. ファッション
  3. もう守りには入らない。この冬、攻める赤ニットでコケティッシュな女になる!

もう守りには入らない。この冬、攻める赤ニットでコケティッシュな女になる!

  • 2018.11.6
  • 3734 views

憧れは80年代映画のヒロイン♡

いつだって周りの視線を釘付けにして離さないヒロインのあの子。

よく見ると彼女たち、なかなか攻めたファッションをしているの。

みんながおとなしめの色を着るこの季節にこそ真っ赤なニットで差をつけて!

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

ザ・オンナ、なムード満点の赤タートルニットとガーリーなドットショーパンの組み合わせにキュン。ショーパンは裾がスカラップになっているので、攻めた感じになりすぎなくてヨシ。リップも赤をチョイスして、とことんオンナらしく。

ニット¥6,000/ラグナムーン(ラグナムーン ルミネ新宿) ショートパンツ¥5,180(税込)/ナディア フローレス エン エル コラソン イヤリング¥2,000/ゴールディ バッグ¥21,800/シター ジェーン(ザ・ウォール ショールーム) サンダル¥12,000/スナイデル

その他のオススメはこちら

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

1ねじったようなデザインとV部分のレースのトリムがバックコンシャス。

¥32,000/アイロン(シップス 有楽町店)

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

2畦編みのタートルニットは、ほどよい洒脱感も手に入るから、1着持っていると重宝します。顔が埋まっちゃうくらいのボリューミィな首元がアクセント。

¥43,000/デミリー(サザビーリーグ)

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

3モヘアタッチのローゲージニットだから赤でも主張しすぎなくて◎。

¥7,990(11月中旬発売予定)/レディアゼル(レディアゼル ルミネエスト新宿店)

Model:内田理央

Photo:Terada Maho(LOVABLE/model)、Nakamura Ayako(still)

Styling:Takagaki Ayumi(LOVABLE)

Hair Makeup:Kawashima Nozomi(io)

Text:ar

いつの時代もイイ女には赤が似合うの♡今年の冬は脱モノトーンしてみてね。

元記事で読む