アベンジャーズはここから始まる!『キャプテン・マーベル』日本版予告が完成

『キャプテン・マーベル』日本公開日が決定!
[c]Marvel Studios 2018

アベンジャーズを中心としたヒーローたちの活躍を描きだし、今年夏に公開された『アントマン&ワスプ』(18)までのシリーズ20作で累計世界興収1兆9800億円を突破した「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の最新作にして、MCU作品としては初の女性ヒーロー単独主演作『キャプテン・マーベル』が2019年3月15日(金)から公開されることが決定。このたび本作の日本版予告が解禁された。

2018年はマーベル・スタジオの記念すべき10周年!MCU作品を一挙紹介

アベンジャーズ誕生のきっかけともいえる、マーベル最重要ヒーローの物語となる本作は1995年のロサンゼルスが舞台。ビデオショップに空から降ってきた謎の女性“キャプテン・マーベル”は、驚異的なチカラを持ち身に覚えのない“記憶”のフラッシュバックに悩まされていた。そんな彼女の記憶に隠された秘密を狙う敵を前に、彼女はニック・フューリーとともに立ち向かっていく。

解禁された日本版予告映像では、キャプテン・マーベルがビデオショップに降ってくるシーンから始まり、ニック・フューリーとの対面と“記憶”のフラッシュバックを経て、戦いに身を投じていく姿が描き出される。主人公“キャプテン・マーベル”を演じるのは『ルーム』(15)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン。複雑で謎めいた役柄を、持ち前の演技力で演じ抜く。

そしてニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、コールソン役のクラーク・グレッグといったMCUではおなじみのキャストに加え、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(11月23日公開)が控えるジュード・ロウや『gifted/ギフテッド』(17)の天才子役マッケンナ・グレイスら豪華俳優陣も集結。

メガホンをとるのはライアン・ゴズリングがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた『ハーフ・ネルソン』(06)の監督&脚本コンビでもあるアンナ・ボーデンとライアン・フレック。マーベル作品初の女性監督となるボーデンが、最強の女性ヒーロー誕生の秘密をスリリングなアクションと濃厚な人間ドラマとともに描き出す。これは「アベンジャーズ」ファンならずとも必見の作品となりそうだ。公開を楽しみに待ちたい!(Movie Walker・文/久保田 和馬)

元記事を読む
提供元: Movie Walkerの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理