1. トップ
  2. グルメ
  3. 「ベンジャミン ステーキハウス」京都に初出店 - 熟成肉ステーキほか、シーフードや京野菜メニュー充実

「ベンジャミン ステーキハウス」京都に初出店 - 熟成肉ステーキほか、シーフードや京野菜メニュー充実

  • 2018.10.30
  • 7380 views

「ベンジャミン ステーキハウス」京都に初出店 - 熟成肉ステーキほか、シーフードや京野菜メニュー充実

アメリカ・ニューヨーク発のステーキ専門店「ベンジャミン ステーキハウス(BENJAMIN STEAK HOUSE)」が関西エリア初出店。2018年12月26日(水)、京都・錦市場商店街の西側にグランドオープンする。

undefined
www.fashion-press.net

「ベンジャミン ステーキハウス」はニューヨーク・ブルックリンにある老舗のステーキハウスで経験を積んだベンジャミン・プロブカイとベンジャミン・シナナージがスタートしたステーキ専門店。リピーターを魅了し続ける店として本場で長く愛され、初の国外初店舗として日本には六本木店を2017年6月にオープン。それに次ぐ2店舗目が京都店だ。

店内では、丹念に育てられた京都の和牛の中から厳選されたブランド牛「京都肉」を用いたステーキ、そして聖護院蕪や九条ネギなどの京野菜を取り入れたメニューを提供。また、本場で人気のシーフードプラッターやクラブケーキ、シュリンプカクテルなどのシーフードメニューと、お肉に合う世界各国のワインも豊富に取りそろえる。

メニューのメインとなるのは、もちろんステーキ。「ベンジャミン ステーキハウス」で提供するステーキは、USDA(アメリカ農務省)の最上グレード「プライム」に認定されたビーフのみを使用。独自の製法で最低28日間以上熟成し、シンプルに塩のみを振って高温ブロイラーで一気に外側を焼き上げることで、うまみを閉じ込めた上質なステーキが完成する。

代表的なステーキはサーロインとテンダーロイン(フィレ)のふたつの部位が骨を挟んで並んでおり、ひと皿で2種類の部位を楽しむことができる。

なお、店内には個室を3部屋設けた。組み合わせて使うことで最大18名の利用が可能だ。家族や友人同士など、ステーキハウスならではの豪快なメニューで特別な日を演出してくれる。

【詳細】
ベンジャミン ステーキハウス 京都
開業日:2018年12月26日(水)
所在地:京都市中京区東洞院通錦小路下阪東屋町660番1
TEL:050-3627-7707
営業時間:ランチ 11:30~15:00(LO14:00)、ディナー 17:00~23:00(LO 22:00)
座席数:145席

元記事で読む