1. トップ
  2. おでかけ
  3. “刺繍”の世界地図でみるグローバリゼーション - 青山悟展「名もなき刺繍家たちに捧ぐ」が市ヶ谷で

“刺繍”の世界地図でみるグローバリゼーション - 青山悟展「名もなき刺繍家たちに捧ぐ」が市ヶ谷で

  • 2015.3.6
  • 547 views

東京・市ヶ谷にあるミヅマアートギャラリーは2015年4月22日(水)から、青山悟展「名もなき刺繍家たちに捧ぐ」を開催する。

青山悟は、近代化によって変容し続ける人間性や労働の価値を問い続けながら、工業用ミシンによる刺繍を用いて、メディアの枠を拡張させる作品を発表している作家。今回の新作は、イタリア人アーティスト、アリギエロ・ボエッティの地図作品『MAPPA』の制作に携わったアフガニスタンの刺繍職人たちへの興味が発端となっている。

オリエンタリズム、グローバリゼーション、資本主義、戦争や災害が与える影響など、美術と工芸の歴史や、西洋と東洋を隔てる政治的関係性。『MAPPA』が制作された背景を考察しつつ、青山悟は自身にしかできない世界地図を作り上げた。

普遍的な存在でありながら、常に変化を孕んでいる世界地図。世界の秩序が大きく変容し「消失と再生」を繰り返す現在、境界は曖昧になり、遠い地での問題と思っていたことが、身近な問題として感じられる。アフガン難民の女性たちによって制作されたというボエッティの作品が今も褪せることなく私たちに何かを訴えているように、青山悟の作品もまた、近代化の光と闇、共同体と個人、国と社会等など様々な境界線に帰属する問題を私たちに投げかける。

【開催概要】
青山悟 展「名もなき刺繍家たちに捧ぐ」
会期:2015年4月22日(水)~5月23日(土)
会場:ミヅマアートギャラリー
住所:東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F
TEL:03-3268-2500