1. トップ
  2. 恋愛
  3. 友達だった彼は運命の人!? 結婚相性…勝地涼×前田敦子、中尾明慶×仲里依紗

友達だった彼は運命の人!? 結婚相性…勝地涼×前田敦子、中尾明慶×仲里依紗

  • 2018.10.29
  • 9243 views

【宇月田麻裕コラム:宿曜占星術で読む「相性」vol.25】

私の“運命の人”はいったいどこにいるの?なんて思っていませんか?もしかしたらその人は、あなたのすぐ近くにいるかもしれません。

今回は占いサイト『魔性の宿曜』を監修する宇月田麻裕先生に、数年の間、友達として付き合った後に結婚した著名人カップルの相性を占っていただきました。

■出会いの時に不思議な縁を感じた

勝地涼(1986年8月20日)×前田敦子(1991年7月10日)

勝地涼さん(1986年8月20日)は室宿。前田敦子さん(1991年7月10日)は井宿。二人の相性は業胎の関係です。

この関係は初めて会った時に、なんとなく不思議な縁を感じます。二人の場合はドラマでの共演後、数年経ってから交際へと進展しましたが、その際も、ずっとどこかでつながっていたような感覚を覚えたはずです。

勝地さんにとっての前田さんは、自分の熱くなる部分を上手くコントロールしてくれる相手。前田さんにとっての勝地さんは、目標に向かって突き進んでいく姿が、うらやましくもあり、見ていて楽しく感じられる相手でもあります。

どちらかというと宿の特性からして、前田さんが、お姉さん的な目線で彼を見守っていくような関係になるでしょう。

そして、お子さんの誕生でますますハッピーな生活になっていくことは間違いありません。ただし前田さんが、彼のはっちゃけた部分についていけなくなったり、コントロール不能になったりした場合には危機が訪れます。

そうなった時は、勝地さんが、いかに自分自身をコントロールしていけるかがカギになるでしょう。

■お互いに刺激を与え合う関係

中尾明慶(1988年6月30日)×仲里依紗(1989年10月18日)

中尾明慶さん(1988年6月30日)は女宿。仲里依紗さん(1989年10月18日)は井宿。安壊の関係となり、距離は遠距離です。

この相性は、お互いに破壊し合ってしまう良くない関係。遠距離は、近距離よりは少し縁遠くなりますが、破壊を生じる関係であることに変わりはありません。

しかし著名人カップルの場合、この関係は刺激を与え合い、好刺激を感じる相手でもあります。それが仕事に生きてくることも多いのです。

特にこの二人の場合は、もともとが友達から始まった関係で、お互いのことをよく理解でき、気心が知れた間柄でもありました。また、安壊の関係とはいえ、宿の特質上、さほど悪い作用が生じない相手でもあります。

頼りになる部分も多く、サポートし合えることも多いのです。とはいえ破壊の相手には違いありません。小さなケンカが重なると、やがて大きな亀裂を生むことになります。お互いに、心遣いを忘れずにいくことがカギになります。

■サポートし合うことで長続きする

真矢ミキ(1964年1月31日)×西島千博(1971年10月21日)

真矢ミキさん(1964年1月31日)は翼宿。西島千博さん(1971年10月21日)は心宿。著名人カップルに多い安壊の関係。距離は遠距離です。

この相性は良くないと言われていますが、実に芸能人夫婦に多い相性です。というのも芸能人の場合、一般の人と異なり、日々、移り変わりも多く刺激も多い環境にいます。そのため、生活の中でも、ほどよい刺激を欲するのかもしれません。

この場合は、真矢さんが翼を広げ、夢に向かってあちこち飛び回るのを、西島さんが彼女のことを深く理解して、サポートをしてあげようとする関係です。その結果、真矢さんは自分の仕事を全うしていけるようになるのです。

一方の西島さんにとって彼女の存在はというと、ズバリ心の支えになってくれる相手です。感性が豊かで繊細なハートを持つ彼から見て真矢さんは、信頼でき、頼りになる存在なのです。心の傷を埋めてくれることも度々あるでしょう。

もともと友達同士だった二人なので、そのあたりの折り合いがつくのを感じていたはずです。たとえ破壊を生じる相手だとしても、このサポート関係が崩れない限りは、夫婦関係は長く続いていくでしょう。

■彼とあなたの相性は?

友達と恋人同士になり、結婚…って想像すると照れちゃうかもしれませんが、いつも傍にいてくれた人が一生のパートナーになるって素敵なことですよね。

あなたの周りにはそんな友達、いないでしょうか?男友達といい感じという人も、ちょっと気になる彼がいるんだよね、という人も、ぜひ占いサイト『魔性の宿曜』をチェックしてみてくださいね。

監修者紹介

宇月田麻裕

皇室関係の家庭で育つ。学生時代から東洋・西洋の占いに関心を持ち、特に宿曜経の研究を積み重ね、「宿曜占星術」の若き第一人者として知られるようになる。

そのプロセスの中で、「自分の存在を、人々の幸せに役だてたい」と願うようになり、ハッピネスファクトリーRを設立。

現在、開運研究家、タレント、作家としてマスコミで活躍、読売新聞日曜版連載、TBSテレビ「はやドキ」(ぐでたま占い)を監修中。

◆宇月田麻裕公式サイト(PC版)

http://www.happiness-f.com/

◆宇月田麻裕オフィシャルブログ「Happiness Factory」Powered by Ameba」

モバイルサイト

魔性の宿曜

元記事を読む