1. トップ
  2. メイク
  3. オレンジonラメグロスで生っぽうるキラ唇に! 最旬キラキラメイクテク

オレンジonラメグロスで生っぽうるキラ唇に! 最旬キラキラメイクテク

  • 2018.10.29
  • 2695 views

この秋はキラメキがエモい!「MAQUIA」12月号では、ひと塗りで唇のくすみを払拭し、血色感をUPするオレンジリップ&クリアラメグロスのリップメイクをご紹介。

エモーショナルなひとさしを
目もとに、口もとに、
キラメキをまとう秋


今、キラメキがエモい理由(ワケ)。

眺めるだけでテンションが上がり、目もとや口もとにまとえば、ハッとするほどエモーショナル――。この秋のツヤキラコスメは、取り入れ方次第で大人も存分に楽しめる発色と輝きのものが豊富です。ちなみにカネボウ化粧品の調査では、“キラキラと脳のストレス”の関係が解き明かされています。キラキラデザイン入りの化粧水ボトルを見たとき、脳のストレスが減少したという調査結果があるのだとか。感情を突き動かすキラメキ、まとわずにはいられない!


ツヤときらめきを大人にまとう 


Lip


オレンジonラメグロスで
生っぽうるキラ唇に


くすんだ大人の唇にクリアグロスオンリーは難易度高め。それなら、オレンジリップをコンシーラー代わりに使ってみて。ひと塗りで唇のくすみを払拭しつつ、血色感をUP。クリアラメグロスを上から重ねれば……透明感が映える生っぽいうるキラリップが完成。

(右)柔らかくとろける感触で唇をしっかり色づけ。ノンパールタイプ。イレジスティブル グローリップス 03 ¥3000/RMK Divison (左)微細かつクリアなオーロララメがぎっしり! ケイト ルージュチェンジコート 03 ¥700(編集部調べ)/カネボウ化粧品


MAQUIA12月号

撮影/三瓶康友(モデル) 五十嵐 真(物) ヘア&メイク/林 由香里〈ROI〉 スタイリスト/河野素子 モデル/加治ひとみ 取材・文/森山和子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

元記事で読む